ソフトウェア

Windows XP搭載PCの生産は2008年1月31日で終了


マイクロソフトの発表によると、Windows XPの正規OEMライセンスの提供を2008年1月31日に終了するとのこと。これに伴い、PCメーカー各社からのWindows XP搭載PCの生産も同日をもって終了するそうです。

なお、Windows Vistaを「ダウングレード」することでXPは引き続き利用可能です。

詳細は以下から。
Microsoft(R) Windows(R) XP 正規OEMライセンスの提供を2008年1月31日にて終了

OEM版は2008年1月31日で終了ですが、Windows XPのOEM 正規販売代理店ライセンス(DSP版)は、2009年1月31日まで提供されるとのことなので、入手自体は可能です。最初からXPがインストールされているパソコンが無くなるということです。

ダウングレードについては以下のページに書いてあります。

Microsoft Windows Vista : Windows Vista のダウングレード権 (旧バージョンソフトウェアの使用) について

つまり、パソコンに最初からインストールされているWindows Vista BusinessとWindows Vista Ultimateについて、Windows XP Professional・Windows XP Professional x64 Edition・Windows XP Tablet PC Editionのいずれかにダウングレードできる、というわけ。

手順としてはこうなります。

Windows Vista BusinessかUltimateがインストールされたパソコンを購入

手元にWindows XP ProfessionalかTablet PC EditionのCD-ROMをなんとかして用意

Windows Vistaを削除してXPをインストール

ライセンス認証専用窓口に電話してライセンス認証(ネット経由のライセンス認証は無理)


要するにVistaが入ってるけどXPをインストールしてもイイヨ、ちゃんと電話でダウングレードしましたって言ってもらえればライセンス認証もしますよ、ってことです。

なお、XPにダウングレードしても、Vistaに戻すことはもちろん可能です。

このあたりの手順や詳細は以下に書いてあります。

AKIBA PC Hotline! Junk Blog.: Vistaを買ってXPを使おう(?)

Stray Penguin - どんがらりん(Win Vistaダウングレード記)

・関連記事
XPがなんとなくVista風になる隠しテーマ「Royale Noir」 - GIGAZINE

Windows Vistaのアップグレード版をクリーンインストールする方法 - GIGAZINE

Windows XP ProにVista Ultimateを上書きインストール(前編) - GIGAZINE

Windows VistaもWindows XPも同程度のセキュリティリスクを抱えている - GIGAZINE

29.8%のWindowsXPユーザーがVistaではなくLinuxへの移行を考えている - GIGAZINE

企業ユーザーの大多数はVistaへの移行を考えていない - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by darkhorse