USBメモリでHTTP/FTP/DHCPサーバなどを高速に動かすフリーソフト「Serva」


インストールやレジストリーの変更なしで、USBメモリからでも簡単に起動でき、HTTP/FTP/TFTP/DHCP/DNS/SNTP/SYSLOGサーバとして使用できるソフトが「Serva」です。一時的に特定のサーバの機能を利用したい場合などに手軽に使えます。

各設定画面、ダウンロード&設定方法については以下から。

Serva_Non-Supporter_64_v2.0.0
http://www.vercot.com/~serva/download.html

◆各設定画面
実際に設定できる項目は以下から確認できます。

HTTP


FTP


TFTP


DHCP


DNS


SNTP


SYSLOG


◆ダウンロード&設定方法
公式サイトにアクセスし、Windowsの64bit版で使用するので「Serva_Non-Supporter_64_v2.0.0」をクリック。


ダウンロードしたZIPファイルをExplzhなどで解凍して、「Serva64.exe」を起動。


サポートがある有料版を購入せず無料のまま使いたいので、7秒ほど待ち「Thanks,not today」をクリック。


設定するために「Settings」をクリック。


設定画面が表示されます。


今回はSNTPを設定するので、「SNTP」タブをクリック。


「SNTP server」にチェックを入れ、次に「Bind SNTP to this address」にチェックを入れ、SNTPサーバーとして使うIPアドレスを選択し、「OK」をクリック。


一度閉じる必要があるため、右上の「×」をクリックします。


再度「Serva64.exe」を起動。


するとSNTPの機能が使用できます。


実際に使用するとこんな感じです。

・関連記事
無料とは思えないほどパワフルな機能満載のFTPクライアント「FTP Rush」 - GIGAZINE

Windowsで軽快に動作するフリーのFTPSサーバ「Cerberus FTP Server」 - GIGAZINE

タブや画面分割で快適に利用可能なSSHクライアント「Poderosa」 - GIGAZINE

これが5年間の技術的失敗と成功の歴史、GREEの成功を支えた技術者たちの闘いが今明かされる - GIGAZINE

これがWikipediaの裏側、知られざる大規模システムの実態「Wikipedia / MediaWiki におけるシステム運用」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log