iPhoneやiPad経由でコントロール可能なロボット「iDroid」


ラジコン操作可能なロボットはすでにいくつも登場していますが、より手軽に遊べるように、世界初のiPhoneコントロール可能なロボット「iDroid」が開発されました。実際に動作させているムービーはこんな感じです。

iDroid - YouTube


iPhoneにコントロールパネルを表示、させたい動作アイコンをタッチするとロボットが動きます。


おじぎ


上半身旋回


歩いてみたり……


腕のミサイルを発射したり。


値段は発売元のMIDbotでは2499香港ドル(約2万6300円)、Brando Workshopだと249ドル(約2万円)となっています。

MIDbot - iDroid

All about USB | USB 3.0, USB Gaming, USB Lifestyle | Brando Workshop : iDroid

ロボットの大きさは高さ47cm、幅が26cm。


コントローラーはiPadからの方が操作しやすそう。


右手はモノをつかめるグリップになっています。グリップは横方向に360度回転可能。


左手にはミサイルランチャーを装備。


動力は背中のバッテリーパックから供給。単4電池6本で動きます。


自律制御ロボットもいいのですが、やはり自分の手で動かせるとなると喜びもひとしお。これをじわじわと巨大化させていって実際に乗り込める巨大ロボットに……というのはまだまだ難しそうですが、全長4mぐらいなら近いうちに完成するかもしれませんね。

・関連記事
「乗れるロボット」が現実に、全長4mの鉄製ロボットが制作進行中 - GIGAZINE

犬の散歩や家事手伝いなどができる家庭用ロボット「Luna」 - GIGAZINE

料理を運んでジョークも披露する筒型執事ロボット「ベルヴェデール」 - GIGAZINE

一緒にファミコンで遊んでくれる「ファミリーコンピューターロボット」が発売後25年の時を越えて起動されるムービー - GIGAZINE

妙にコミカルかつ正確な動きでクッキーを焼き上げるロボット「PR2」 - GIGAZINE

36

in 動画,  メモ, Posted by logc_nt