×
ハードウェア

ソニーがAndroidウォークマン「Zシリーズ」発表、史上最高の性能に


ソニーがついにAndroidウォークマン「Zシリーズ」を正式発表しました。

多彩なアプリケーションを高音質で楽しむ Android(TM) 搭載“ウォークマン”Zシリーズ | プレスリリース | ソニー

ソニーのプレスリリースによると、同社はAndroid 2.3を採用したフラッグシップウォークマン「Zシリーズ」を12月10日に発売するそうです。

Zシリーズ本体。野外でも見やすい高輝度・高コントラストな大画面4.3インチWVGA(480×800)液晶、ハイエンドタブレットなどにも採用されているNVIDIAのTegra 2プロセッサ、512MBメモリを搭載。Androidマーケットからのソフトウェアダウンロードにも対応しており、高速ウェブブラウジング、高精細ビデオゲーム、フルHD動画の再生などの快適なマルチタスクを実現。


カラーリングはブラックとレッドの2種類。16GB、32GB、64GBの3モデルがラインナップされ、市場推定価格は64GBモデル(NW-Z1070)が4万3000円前後、32GBモデル(NW-Z1060)が3万3000円前後、16GBモデル(NW-Z1050)が2万8000円前後。


横から見たところ。持ちやすさを追求したデザイン「Inflection Surface Form」を採用し、本体サイズは約70.5×約134.2×約11.1mm(最薄部:9.6mm)、重さは約156グラム。バッテリー駆動時間は音楽が約20時間、動画は約5時間。


背面にはモノラルスピーカーを備えたほか、DLNAをサポートしたIEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、HDMI端子、Bluetooth 2.1+EDRやGPS、電子コンパス、加速度センサー、FMラジオなどを搭載。


また、周囲の騒音を約98.0%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」はもちろん、ウォークマン史上最高音質を実現するフルデジタルアンプ「S-Master MX」や、圧縮で失われがちな高音域をクリアに再生する「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」、左右の音の混在を抑制して本来のステレオサウンドを再生する「クリアステレオ」、引き締まった力強い重低音を再生する「クリアベース」などの高音質化技術を採用。


さらにアルバムのジャケット写真を触りながら直感的な操作で選曲できる新アプリケーション「W.ミュージック」や、画面状態に関わらずいつでも音楽再生の操作が可能な「W.ボタン」なども備えるなど、各種性能面だけでなく、音楽プレーヤーとしての使い勝手を強化。ソニー製ブルーレイディスクレコーダーからの「おでかけ転送」にも対応しています。

ノイズキャンセリング機能やフルデジタルアンプ「S-Master MX」など、あらゆるものを詰め込んでいる割に、同スペックのスマートフォンと比較してもリーズナブルな感がある「Zシリーズ」ですが、モバイルルーターなどと組み合わせて使ってみると、なかなか良さそうです。

・関連記事
ソニーが新型ウォークマン「A860シリーズ」などを発表、ワイヤレス化が目玉に - GIGAZINE

ソニーが「Sony Tablet S」と「Sony Tablet P」正式発表、3Gモデルも - GIGAZINE

ソニーが「立体的な音」を再現できる初の3Dヘッドホン「MDR-DS7500」を発売へ - GIGAZINE

「Xperia ray SO-03C」レビュー、ウォークマン感覚で使えるコンパクトさ - GIGAZINE

一世を風靡したMD(ミニディスク)の最終進化形「Hi-MD」が出荷完了へ - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log