国産FTPソフトの代表格「FFFTP」が開発終了


国産のFTPソフトとしては最もよく知られているソフトの一つだった「FFFTP」の開発が終了しました。これは作者のSotaさんが明らかにしたもので、その理由は「開発を継続するためのモチベーションが維持できなくなった」とのこと。

Sota's Web Page
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/

Sota's Web Page (FFFTP)

開発終了 Sotaの雑記/ウェブリブログ

ブログやTwitterの更新は基本的にブラウザベースで完結しますが、自分のウェブサイトを持っている人はFTPソフトを使ってファイルをアップロードしていると思います。そのFTPを扱えるソフトとして、国産で最も知られているソフトが「FFFTP」です。

FFFTPが開発されたのは1997年ごろ。作者のSotaさん自身が必要に駆られて開発し、その後、他の人にも使ってもらえるようにとネット上で公開されました。Vectorのようにソフトを紹介するサイトのほか、PC雑誌の付録でも数多く収録され、まずフリーのFTPソフトを求めている人が一度は使うソフトとなったFFFTPにお世話になったという人は少なくないのではないでしょうか。

それから10年以上、OSの進化にも対応してきましたが、2010年10月24日のバージョンアップを最後に開発は停止状態となっていました。Sotaさんの中では以前から「公開したフリーソフトはいつまでサポートしなければならないのか。どれだけの品質の物でなければならないのか。」という思いがあり、「新しい一歩を踏み出すために、一つの物を終えることにしました。」ということで、今回の開発終了宣言となったそうです。

サポートはこれで終わり、バージョンアップもありませんが、今後も公開自体は続くとのこと。

・関連記事
Windowsで軽快に動作するフリーのFTPSサーバ「Cerberus FTP Server」 - GIGAZINE

無料でどんなファイルもサイズ制限なしでアップロード可能な「Hosted File Share」 - GIGAZINE

FTP経由でHDDのバックアップとリストアができるフリーソフト「Ghost4Linux」 - GIGAZINE

頭を悩ます面倒なIDとパスワードをまとめて簡単管理できるフリーソフト「ID Manager」 - GIGAZINE

膨大な量のソフトウェアを扱う「Vector(ベクター)」に行ってきました - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logc_nt