Googleマップに公式の短縮URL機能が登場、やたら長いURLを劇的に圧縮


むちゃくちゃ長いアドレスが生成されてしまうため、メールで人に教えるときに改行されてしまい、結局リンクできていないとか伝わらないとかいう悲劇をこれまで多々引き起こしてきた罪深いGoogleマップですが、ついに公式の機能として短縮URL生成機能が追加されました。

Google LatLong: Just a Short URL away
http://google-latlong.blogspot.com/2011/08/just-short-url-away.html


使い方は簡単、Googleマップで目的の住所や地図を表示させたら右上にあるこのアイコンをクリック


「短縮URL」にチェックを入れます


するとこのようにして劇的に短くなります


なお、この機能はもともとGoogleマップのLabsにて公開されていたのですが、それが正式機能となった、というわけです。ほかにもGoogleマップのLabsには距離測定ツール・緯度経度ツールチップ・緯度経度マーカーなどがあるので、利用頻度が多いものは正式機能になっていくかも。

・関連記事
IPアドレスから住所を特定してGoogleマップで表示するフリーソフト「IP Locator」 - GIGAZINE

Googleマップで何があっても絶対にやってはいけない「タブー」について - GIGAZINE

Google マップで「ぼかし」がかけられ隠されている場所いろいろ - GIGAZINE

デジカメ画像にGoogleマップを使ってジオタグを埋め込むことができるフリーソフト「GeoSetter」 - GIGAZINE

自分の現在地をGoogleマップで印刷して封筒にするというナイスアイディア - GIGAZINE

109

in レビュー,  ネットサービス, Posted by darkhorse