GONZOが歩んだ栄枯盛衰の歴史が何と年表にまとめられる、内部事情満載の「こぴはん」「にゃんぱいあ」紹介イベント


GONZOスタッフが新作について語るトークショーの中では「初音ミク」のキャラデザ・KEIとGONZOがタッグを組んだ完全オリジナル新作「こぴはん」のPV上映と製作発表が行われたのですが、それとは別枠で、ネットを中心に話題とされていたGONZOの内部事情について、小島勉プロデューサーが手作りの年表を使って解説するというとんでもないコーナーが進行されました。

メインのお題だった「にゃんぱいあ」の製作事情が遠くにかすむほどの爆弾発言が連発され、歴史をひもとくナビゲーターとなった小島プロデューサーは「このイベントで話したことはあくまで『都市伝説』」とうそぶいてはいましたが、手作り感あふれるものの詳細にまとめられた年表を使ったトークによって、GONZOが歩んできた激動の歴史を振り返ることができました。

「GONZOクロニクル」とも呼べる年表と解説、そして「こぴはん」キャストも登場しての新作トークは以下から。GONZOから尾畑さん(左)と杉浦さん(右)が登場、トーク開始。


尾畑:
新作の「にゃんぱいあ」はGONZOらしくないというか、過去の作品とはだいぶ雰囲気が違うのですが、製作の経緯について、担当の杉浦さんから。

杉浦:
「にゃんぱいあ」のタイトルは一応説明すると「ごろあわせ」ですが、リアルな話をしますと、ガチャガチャのメーカー担当に友人がいまして、そのつながりで紹介していただいたのがきっかけなんです。

何でまたGONZOでキャラ物をやろうということになったかという経緯ですが、僕はGONZO歴が5~6年くらいでまだまだなんですが、「青の6号」や「LAST EXILE」など壮大な雰囲気の大作が多い会社だなと思っていたんですね。そこで、そういったものとは別に、みなさんに愛してもらうものを作らないと、会社を愛してもらえないのかなと思ったわけです。弊社については2ちゃんねるで騒がれることもあったので。


尾畑:
「にゃんぱいあ」のアフレコはもう始まってますか?

杉浦:
1回目の収録は終わってます。キャストの4人全員に集まっていただいて、盛り上がりました。

できばえは本編を見ていただくまでのお楽しみになりますが、キャストさんたちには普通以上に気合いを入れていただいたと思ってます。

特に、福山潤さんが声をあてている「にゃてんし」にはすごく見物なエピソードがあるのでお楽しみいただければ。ほかにも、「にゃてんし」がいつもいじっている白いネコがいるんですけど、そのネコにキャストさんが命名したりとか。

尾畑:
キャストのみなさんはほとんど全員事務所が一緒じゃないですか?団結力があるんですか?

杉浦:
団結力はありますよ。福山さんの事務所「アクセルワン」の方から聞いたのですが、彼だけ事務所が違うじゃないですか。アフレコ現場では福山さんだけ「別の会社は奥へ行けー!」と端っこに追いやられた場面もございました(笑)

尾畑:
製作は順調ですか?

杉浦:
はい。うまくいってます。

もともとこの作品は同人誌発で、原作者のyukiusaさんがアニメ化のプロセスになれていらっしゃらなかったのでいろいろとコミュニケーションを取るのが大変なところもありましたが、今は楽しくやらせていただいてます。「にゃんぱいあ」は現在主婦と生活社さんのアニメ雑誌「PASH!」で連載をやっているのですが、次号でアフレコレポートを掲載していただけるようです。


尾畑:
アニメのテイストはどんな感じになりそうですか?

杉浦:
基本的に、「にゃんぱいあ」を始めとした4匹のネコが登場します。ネコたちはみんなオスという設定で、オスである「にゃんぱいあ」にほれてしまう「まさむにゃ」というキャラが……

尾畑:
…ああ、そっち系なんですか(笑)


杉浦:
「まさむにゃ」くんはすごく肉食系男子なので、昨今はやりのみなさんみたいな方々には参考になるキャラかもしれません(笑)

「にゃてんし」はいじわるでちょっと冷めたような雰囲気のキャラで、「茶々丸」はにゃんぱいあの飼い主・みさきちゃんが友達から預かった弟分で、かわいらしいけど腹黒い。そんな4匹のネコたちがじゃれあうお話で、非常に笑える作品になっております。

尾畑:
昨日、おとといくらいからにゃんぱいあの公式Twitterアカウントが開設されていますが、ほかに何か告知したいことなんかあります?

杉浦:
先ほどもちょっと触れましたが、原作者のyukiusaさんが漫画家としてプロデビューして2月10日からPASH!さんで連載をしていて、ほかにも「ね~ね~」というキャラクター雑誌にも登場します。同じ出版社さんから出ている「キャラさがしランド」にも間違い探しという形で紹介されておりますので、本編の前に楽しんでいただければ。

尾畑:
にゃんぱいあは、また夏くらいに何か追加情報が明らかになるんでしょうか?

杉浦:
逐一、情報を出していきます。グッズもアニメイトさん全店で売られているので、そちらもチェックしてみてください。


では、にゃんぱいあのお話はこの辺りで。「にゃんぱいあ」をよろしく、ということでひとつ。

尾畑:
きっとみなさんが一番気になっていると思われる新作発表が今日もあるんですけど、ここにきて3本も新作アニメを製作するということになって「今更なんだよ」と思われている方もいらっしゃると思うんですが、ここでGONZOという会社の歴史をひもといてみようと思います。

GONZOスタッフの方がわきから持ってきてステージ上の2人に手渡したのは、何とお手製の年表。手作り感があふれています。


尾畑:
歴史を振り返るにあたって、われわれよりも古参の、在席している中で一番社歴の長い人をこの場に呼んでます。GONZOプロデューサーの小島さんです。

小島:
こんにちは、GONZOの小島です。今日は基本的に技術について話していこうと思うんですけど、これから話すことは「都市伝説」として持って帰っていただければと(笑)

実はGONZOはやっとできてから20年になろうかという会社であって、最初はクリエイターが集まって事務所を作ってスタートして、東京の高田馬場で立ち上がったんです。

尾畑:
GAINAXを抜けたメンバーで作られたんですよね?すごいメンバーですよね。

小島:
ちょうどふしぎの海のナディアが終わったくらいのメンバーが抜けて作ったんですよ。

杉浦:
今はもうどなたも残ってないですけどね(笑)

小島:
村濱章司さんが全てを立ち上げたんですよ、そしてその後に合併がありました。GONZOは「青の6号」を作ったことでデジタルアニメのさきがけとなったのですが、同時並行で「ディジメーション」という会社と出会って、会議をして「一緒になればもっとすごいものができるのでは」ということになって合併に至りまして。合併後は荻窪に居を構えて、ゲートキーパーズのテレビシリーズを手がけていきました。

杉浦:
合併したものの、お互いが仲が悪かったという話も聞いたことがありますが……

小島:
いや、このころはいい方かと。

新しい人たちが一緒になるのは時間がかかるもので、テレビシリーズを2本作ることで団結力が固まっていきました。ここで、「黎明(れいめい)期」が終わりです。

次は「成長期」。ここで新たな思いが経営陣から出て、西新宿の、かつて東京ラブストーリーのロケ地にもなったビルに引っ越して、たくさんのテレビシリーズを手がけるようになります。「フルメタル・パニック!」、最終兵器彼女、ラストエグザイルなんかですね。3Dと作画を融合させたハイクオリティアニメを作っていたわけですが、褒めてくれる人がいれば同時に、もちろん褒めない人もいるもので。「2ちゃんねる」にたくさんのスレを立てていただき、本当にありがとうございました(笑)

そこからいよいよ、経営規模に話が移ります。「銀色の髪のアギト」製作の途中くらいから、建物が2つに別れたために風通しが悪くなったということで、再び1つの建物内に会社をまとめようという動きが起きました。これが年表の「新宿中央公園時代」で、基本的にはここが全盛期と言われています。もちろん、今までの歴史の中で言えば、ですが。1年にテレビシリーズが5、6本回っていたというのは今からすれば考えにくいことです。

このあたりの話は年表を元に語られていて、「○○時代」というのもその中に書かれている用語です。


そしてその後、練馬にあるビルに会社をまとめようということになります。このころには各プロデューサーがいわば「島」を持って、彼らの抱える監督などの色が作品に出るようになっていきます。「巌窟王」や「GANTZ」、「ぼくらの」、「ロミオ×ジュリエット」、「ストライクウィッチーズ」、「咲-Saki-」などがありますね。

杉浦:
サムライ7は全盛期の作品であるように思うんですけど、「練馬時代」の方に入ってますね。

小島:
サムライ7は新宿中央公園時代に作り始めて、練馬のビル移動後にも持ち越していた作品なので、全盛期のものだとも言えるとは思います。

で、ここからがメイン。

杉浦:
この辺りからはぬるっときいてほしいですね(笑)

小島:
GONZOの中でたくさんの人が実力をつけてきて、たくさんの人が自分の中で新しいものを作ってみたい、はばたいて冒険してみたいと思うようになったころから、何というんでしょう……とにかく、壮絶な乱でした、あれは。戦国時代っぽい流れでした。

「ストライクウィッチーズ」や「咲-Saki-」を作っていた、社内では第5スタジオと呼ばれていたグループは独立してStudio五組として活動していて、いま「Aチャンネル」を作ってます。大きなところで言えば、「おんたま!」を作っているエンカレッジフィルムズ、「聖痕のクェイサー」や「レベルE」の作画を手がけたフッズエンタテインメント。実は練馬の乱を期に、GONZOは9つの会社に別れています。


尾畑:
資本関係はないので、巣立っていったと言う方が正しいような…

小島:
そうやって「独立した」といえるものもあれば、いわゆる宣戦布告と言えるようなものまでありましたね。

杉浦:
ま、まあ、みなさん大活躍されてますよね。

小島:
結局、新しいところを切り開いていこうという者と、荒れ地をたがやす者の二手に別れるわけです。そして、原点回帰ということでGONZOは再び荻窪に戻ります。

杉浦:
創業者から矢印が伸びて、「ラムダフィルム」につながっているところについては?

小島:
それがですね、2009年に代表取締役を務めていた村濱さんがGONZOから離れていってしまったんです。

杉浦:
「ブログでやめた発表事件」ですね。

小島:
……本来、ブログは公式で情報を発表した後に追加で書くところだと思っていたんですが、その順序が逆になっちゃったという。

杉浦:
僕も村濱さんが辞められたことについてはブログで知りましたからね。

小島:
当初からGONZOというのは「魂をふるわすコンテンツを作る」というのが社訓にあったので、ラムダの中でふるえてればそれでいいんじゃないかとは思ってます。

尾畑:
まー、でも、すごいこの栄枯盛衰というか、新世紀があるのでこれからがんばるということで。今日来ているのは荻窪組だという理解で(笑)

ここでみなさんから質問とか、もしよかったら。…ないほうがいいかな。

杉浦:
そして、さらなる新しい作品を今日発表するということですが。

尾畑:
では、GONZO3つ目の新作「こぴはん」に絡んでいる2人をお呼びしたいと思います。松嵜麗さんと、プロデューサーの大貫さんです。


松嵜:
声優のお仕事をやっております松嵜麗です。最近はジュエルペット サンシャインの水城花音役をやらせていただいております。


大貫:
デイライトでアニメのプロデューサーをやっている大貫です。こんなアニメを作ってみたくなったので作ってみました。


尾畑:
軽いですね(笑)そもそも、この「こぴはん」というタイトルの意味は?

大貫:
何だと思いますか?

松嵜:
こ、こぴーはんばーがーの略?(笑)

大貫:
さっき一緒に食べたんですが、おいしかったですよね、とくしまバーガー。

それで、意味なんですが、えーっと…言うとネタばれになってしまうんです。

尾畑:
初音ミクでおなじみのKEIさんとGONZOのコラボは新しい感じがしますね。

大貫:
動画でちゃんとキャストがついてしゃべるというのははじめてかもしれませんね。

尾畑:
キャラクターも個性が豊かそうなビジュアルですが、どんなストーリーラインなんですか?


大貫:
2034年の東京を書こうと。わずか23年後の話。みなさん、23年後はどうなっていると思います?

尾畑:
まあ、これ以上地震がなければいいなと思いますが……

松嵜:
わかんないです。

大貫:
たぶん空を車は飛ばないし、建物もきっと残ってる。でも、何か変わっている。そんな未来を見ていただければと思います。2000年から2010年でも、すごく世の中が変わったと思っているので、23年たったらどんなことになっているのかというのがストーリーの筋ですね。

尾畑:
今後どんどん情報を開示していくということで。で、これどういう形になるんですか?テレビアニメ?

大貫:
何がいいですか?(笑)

実はすでに「こぴはん」というタイトルで月刊コミックラッシュさんでマンガを連載していて、KEIさんに描いてもらっています。主役がパネル中央の2名です。

この中に1人だけ主役になれなかったのがいるんですが、ほかはすべて主役と言えます。松嵜さんが演じるのは栂山あさぎという巫女さんの服を着た女の子なんですが、彼女も主役です。

松嵜:
あさぎ「が」主役なんですか?

大貫:
や、あさぎ「も」主役ですね。

通常のアニメの形態をとるのをやめようと思っていて、何か変なことをやろうと思っています。別に何も決まってないわけじゃないんですよ(笑)でもすごく言いづらいところがあって。

尾畑:
実際の製作については、GONZOの鷹木プロデューサーに聞いてみましょうか。

鷹木:
はじめまして、GONZOの鷹木です。「こぴはん」について、今がんばって作ってます!魅力あるキャラをいかに動かして楽しいものにするかということで頑張ってはいるんですけど、なかなかどうして、「ラストエグザイル‐銀翼のファム‐」がありまして、そっちに力をみんな注いでて……。

ただ、楽しんで作ってるのはこっちですね。こんなこと言っていいのかな(笑)すごいおもしろいことになると思います。GONZOは重い「ラストエグザイル」と軽い「にゃんぱいあ」の間にコレ、と三色取りそろえていきます。

大貫:
今日は、「こぴはん」Tシャツ着てきたんですけど(笑)

まだアニメは一切できてないんですが、商品だけできてしまいました。マチ★アソビのGONZOブースでこれから限定発売します。とりあえず限定って言っておきましょう。

鷹木:
ただ、数は用意しただけ、在庫限りなのでそういった意味では限定ですね。

テレホンカードとセットで大変お得な3500円。高いかどうかはムービックさんに言ってください(笑)PVも(「マチ★アソビ vol.6」しんまちボードウォークの)ブースで流しっぱなしにして、「こぴはん」チラシも持ってきていますので、ぜひ来て下さい。ちなみに「こぴはん」の情報はここで初出しです。

杉浦:
昨日の夜の上映会で見せられなくてすみませんでした。昨日で帰ってしまった人の中には見られなかった人もいるかと思うので。

鷹木さん、たとえば、さっき言ってたStudio五組さんとかに作画をお願いしたりとかするんでしょうか?

鷹木:
GONZOから9社独立しましたよね?そして主人公は9人。…あ、今ひらめいちゃった。

フッズさんはおっぱいが得意ですし、5組さんはパンツが得意。そういった感じで各社のウリを生かしてもらうのもいいかもしれません。

杉浦:
や、みんな元はGONZOですから(笑)

鷹木:
ま、ちょっと考えます。

尾畑:
「こぴはん」について、まだ詳細はお伝えできないんですか?

大貫:
すごくちびちび情報を出していきますので、よかったら「こぴはん」で検索していただければ。公式Twitterもあるのでぜひフォローしてください。

ついでに、明日5月5日10時からスタジオマウスさんのブースでまたこの2人で話そうということになっているので、来ていただけるとちょっとスペシャルなプレゼントがあるかもしれません(笑)何かやろう、今から相談します。

鷹木:
早くしないと、みなさん新海誠さんまちなので(笑)
(注:同じ会場で直後に新海誠監督のトークショーが予定されていた)

尾畑:
GONZOをよろしくお願いします、今日はありがとうございました。

・関連記事
ufotable、GONZO、Production I.Gの3社が同時に新作PVを公開 - GIGAZINE

GONZO黄金期作品の新作、大航空冒険活劇「ラストエグザイル-銀翼のファム-」製作決定 - GIGAZINE

「血ぃくれにゃ」、キュートな吸血猫「にゃんぱいあ」のテレビアニメ化が決定 - GIGAZINE

GONZOに復活の兆しか、制作作品増加のため制作デスク・制作進行を急募中 - GIGAZINE

0

in 取材,  アニメ, Posted by darkhorse_log