メモ

シャープが「被災地向けソーラー発電システム」を支援へ、充電池とソーラーパネルを組み合わせ


シャープが東北地方太平洋沖地震の緊急避難場所に向けて「被災地向けソーラー発電システム」を支援することを発表しました。

充電池とソーラーパネルを組み合わせることで、太陽光で発電した電力を利用することができるようになるというもので、電力供給が再開していない地域などでの活躍が期待されます。

※なお、上記画像はイメージ写真です。

詳細は以下から。
東北地方太平洋沖地震の「被災地向けソーラー発電システム」の追加支援について|お知らせ:シャープ

シャープのプレスリリースによると、同社は新神戸電機と共同で250セットの「被災地向けソーラー発電システム」を準備し、防衛省の協力を得ながら3月25日から順次、緊急避難場所での活用を実現していくそうです。

「被災地向けソーラー発電システム」は、シャープの太陽電池と新神戸電機の蓄電池やACコンセントを組み合わせた独立型の太陽光発電システムで、太陽光で発電した電力を用いて携帯電話の充電などが可能になるというもの。特に電力復旧の見通しが立たない地域での活用を目的としています。

これが「被災地向けソーラー発電システム」のイメージ図。なお、シャープに製品画像の有無を問い合わせたところ、「現在急ピッチで開発を進めているため、まだ製品写真を提供することができない」との回答でした。


ちなみに今までは被災地への物資輸送が困難でしたが、新たに「都道府県からの要請に基づいた防衛省の被災地に輸送する仕組み」が決定したことから、今回の寄贈が実現したそうです。

・関連記事
富士通が光と体温の両方から電力を生み出す新世代のハイブリッド型デバイスを開発 - GIGAZINE

あらゆるスマートフォンに対応、ソーラーパネルも付いた外付けバッテリー「mobile solar」シリーズ - GIGAZINE

停電時でも携帯電話やスマートフォン、ノートパソコンを充電できる大容量外付けバッテリーまとめ - GIGAZINE

シャープが企業スローガンを一新、20年来の「目の付けどころがシャープでしょ」から「目指してる、未来がちがう」へ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log