ソニーが驚くほど安価な世界初の「Google TV」を正式発表、詳細なスペックも明らかに


Googleの携帯電話向けOS「Android」をベースにしたOSを採用することで、通常のテレビ番組だけでなくYouTubeなどをはじめとした動画配信サービスやブラウジング、Twitterなどのウェブサービスに加えて、「Android Market」からダウンロードしたアプリケーションの利用が可能になるという世界初の「Google TV」がついに正式発表されました。

高機能であるだけに、通常のテレビと比較して高価になるのかと思いきや、事前にリークされた価格情報をさらに下回る、驚くほど低い価格を実現しているほか、通常のテレビを「Google TV」として利用できる安価なセットトップボックスも発表されています。

詳細は以下から。
Sony Japan | ニュースリリース | 新たなホームエンタテインメントを提供する世界初、“Google TV”プラットフォーム採用、Sony Internet TVを米国で発売

ソニーのプレスリリースによると、同社は世界初となる「Google TV」を10月16日からアメリカで発売する予定で、現在同社通販サイト「Sony Style」および大手家電量販店「Best Buy」の公式サイトで予約を受け付けているそうです。

ラインナップは24インチの「NSX-24GT1」が599.99ドル(約4万9100円)、32インチの「NSX-32GT1」が799.99ドル(約6万5500円) 、40インチの「NSX-40GT1」が999.99ドル(約8万1900円) 46インチの「NSX-46GT1」が1399.99ドル(約11万4600円)。

Google TVはCNBC、ナップスター、NBA、Netflix、Pandora、YouTube、そしてソニーのQriocityといった動画配信サービスに加えて、Twitterアプリなどをプリインストール。さらに2011年初頭からは「Android Market」を利用したアプリケーションのダウンロードにも対応します。

これがGoogle TVです。全モデルでフルHD液晶を搭載しており、HDMIやUSBポートを搭載。テレビを見ながらブラウジングが可能であるほか、スマートフォンを利用した操作などにも対応。なお、無線LANを内蔵しているため、設置場所には困りません。


リモコンはQWERTYキーボードを内蔵。Twitterなどの文字入力が必要となるウェブサービスの利用にあたっては、なかなか便利なのではないでしょうか。


さまざまなテレビで「Google TV」を利用できるようになるセットトップボックス「NSZ-GT1」は399.99ドル(約3万2700円)で発売。Blu-rayディスクの再生機能も備えています。


多くのサービスに対応しているだけでなく、最も高価なモデルでも約11万4600円と、価格も魅力的な「Google TV」ですが、もう1つの大きな強みがOSのアップデートで新たな機能を追加できるという点。今後もアップデートが提供されるようになると思われますが、はたしてどのような新機能がお目見えするのでしょうか。日本での発売についてのアナウンスも待たれるところです。

・関連記事
Googleやソニー、Intelなどが提携して「Google TVプラットフォーム」をベースにしたテレビを発売へ - GIGAZINE

新型PS3でPS2互換を実現する最終兵器か、「互換アダプタ」の詳細が明らかに - GIGAZINE

ソニー、世界初となる1641万画素を実現した携帯電話カメラ向けCMOSイメージセンサー「Exmor R」を発表 - GIGAZINE

PS3のCellプロセッサを応用、動画を爆速エンコードする拡張カード「WinFast HPVC1111」 - GIGAZINE

ソニー、音質と性能を両立させた非常に安価なウォークマン「NWZ-E350」シリーズを発表 - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log