定番商品はかくも奥深い、「オールドファッションの殿堂」全8種類を制覇してきました


本日1月6日(水)から、ミスタードーナツが定番商品オールドファッションの新商品と過去に発売された人気の味の復刻版、そして定番商品の計8種類を「オールドファッションの殿堂」と銘打って発売しています。これまで数々の新商品を生み出してきたミスタードーナツが殿堂と豪語するからには全て制さねばなるまい、ということで8種類すべてを購入して食べてきました。

また、復刻された「オールドファッション 抹茶」「オールドファッション 抹茶チョコ」については、前回食べた時と比較しながら味わいました。

詳細は以下から。おいしさ、カムバック! オールドファッションの殿堂。|新商品|ミスタードーナツ

オールドファッションが連なったのぼりが風にはためいています。


店内ポップはこんな感じ。殿堂の威厳はあまりないですが、オールドファッションの素朴な雰囲気が伝わるビジュアル。


オールドファッションだけがずらりと一列並んでいます。圧巻。


「オールドファッション 黒みつきなこ」「オールドファッション 珈琲」「オールドファッション 珈琲チョコ」の3種類が新商品です。


さっそく食べていきます。


オールドファッション:これぞまさにプレーンドーナツ、といった味わい。甘すぎず、何かトッピングされているというわけでもなく、シンプルにドーナツを楽しめます。全体的にオールドファッション類は揚げたてだったのか、サクサクした歯触りが心地よく、持ち帰りで食べた時とはかなり印象が違いました。


チョコファッション:「オールドファッションではちょっと物足りない」というところに、絶妙にマッチするチョコレート。全体をチョコに浸すのではなく、一部だけ浸けているところがにくい。安心できる味です。


オールドファッション ハニー:甘い。とにかく暴力的に甘い。甘みを感じる味覚細胞が限界値に達するかのような甘さです。相当の甘党向け。


オールドファッション 抹茶:前に食べた時はあまり抹茶風味を感じませんでしたが、今回は後味に比較的しっかりと抹茶風味がします。少々作られた感じの風味と色合いが相まって少々人工的な感じ。


オールドファッション 抹茶チョコ:抹茶にチョコレートを添えてみました、といった風情。チョコ部分を食べると二つの風味が一度に襲ってきてかなりどっしりと来ます。


いよいよ新商品3種に突入です。


オールドファッション 黒みつきなこ:まず口当たりがしっとりとしていて、口にした瞬間に他のファッション系とはひと味違うと感じます。まるでわらび餅を食べているかのような和風な甘みです。今回一番のヒットはこれでした。


黒蜜は生地に混ぜ込まれているのではなく、染みこませているようです。そのため、他の味とは違うしっとり食感が生まれたのかもしれません。


オールドファッション 珈琲:珈琲風味がほんのり後から追いかけてきます。色がちょっと違うだけなので、単品で食べるとオールドファッションとの違いに気づかないかもしれません。


オールドファッション 珈琲チョコ:チョコファッション系の商品は全部同じチョコレートのはずなのに、不思議とビターな味わいです。珈琲生地自体の風味がさほど強くなかったのもあって、相性はかなりいいです。


こちらは黒蜜きなことは異なり、生地自体に珈琲の味付けがされているようです。


店内のポスターではこんな風に一大オールドファッションタワーが積み上がっていたので……


同じように積み上げてみました。生地がどっしりしているせいか、8個積み上げてもかなりの安定感。さすが殿堂を形成するだけのことはあります。


かなりの高さ。


今回の殿堂発表に関して、オールドファッションをストロベリーチョコに浸した「ストロベリーファッション」が復刻されなかったのが個人的に大変残念でした。ストロベリーチョコを使った商品は他にもあるのですが…。


こっちにもあるのに…。


全体的に「これはハズレだ」というような商品はなく、、さすが定番といった手堅さを感じました。オールドファッション生地はミスタードーナツの商品の中でもかなりお腹にたまるので一度に制覇するのはかなり厳しかったですが、どれもなかなかの味わいです。新商品につい手を伸ばしてしまう人も、これを機に定番の味を再確認するのもいいかもしれません。

・関連記事
ミスタードーナツ「だいずドーナツ」「ふんわリング」「ベイクドシュー」など合計13種類の”新フォニー”を味わってきた(前編) - GIGAZINE

「上モノショコラ」登場、ミスタードーナツの「リッチドーナツショコラ」チョコエンゼルとビターチョコ試食レビュー - GIGAZINE

「ポン・デ・とうふ」や「クッキークルーラー」などミスド大改革の新商品試食レビュー - GIGAZINE

ポン・デ・リング生地になったミスドの「シェイキーポップ」、カレーフレーバーはもはや罰ゲーム - GIGAZINE

0

in 取材,  試食, Posted by darkhorse_log