人類がキスをするようになったのは、ウィルスを広め免疫をつけるため


キスをすることによって母親などから赤ちゃんへ虫歯の原因となるミュータンス菌が受け渡されるというのは比較的知られているかもしれませんが、だ液を介して菌やウィルスが伝達されるのは悪いことばかりではありません。

だ液を介して受け渡される物質の中には普段は何の問題も起こさないのですが妊娠中に感染すると非常に危険なウィルスも含まれており、男性とのキスを通じて接触することで、女性は妊娠する前にこのウィルスに対する免疫を獲得することができるそうです。

詳細は以下から。Kissing was developed 'to spread germs' - Telegraph

サイトメガロウイルス(学名human herpesvirus 5)というこのウィルスはヘルペスウイルスの一種でだ液中に広く存在し、健常者が感染しても特に治療は必要ないのですが、女性が妊娠初期に初感染すると、胎児に移行感染し流産や出生異常の原因となります。

Medical Hypotheses誌に発表された論文でリーズ大学のColin Hendrie博士は「女性が特定の男性のサイトメガロウイルスの『予防接種』を受けるには、マウス・トゥ・マウスの接触によるだ液の交換、特に、だ液の流れが男性から(一般的に身長の低い)女性への方向の場合に最も効果的です」と語っています。

特に一番の予防となるのは、同じ人と6ヶ月にわたりキスをし続けることなのだそうです。関係がより親密になりキスが徐々に情熱的になるにつれ、女性の免疫が高まり、感染により重篤な症状を起こす危険性は低くなります。そして女性が妊娠するころには、胎児へと感染する危険性はさらに低くなっています。

これまで科学者たちはキスは進化論的な品質管理の役割を果たしてきたと考えてきました。だ液を手がかりにキスの相手の繁殖力や健康、遺伝子などの要素を判断してきたという理論です。

しかしリーズ大学とUniversity of Central Lancashire(セントラル・ランカシャー大学)の心理学者たちはこれらの要素はキスをするほど親密にならなくても判断できるとしています。「体形、におい、生殖状態、病気の有無や身体と口腔(こうくう)の衛生などに関する情報は、(だ液を交換しなくても)至近距離に近寄るだけで得られるものです」とHendrie博士は語っています。「キスによって得られる(繁殖の相手を査定するための)わずかな付加情報は、キスという行為の発達を後押するほどの要素ではないでしょう」

同じパートナーと徐々に親密になってウィルスに免疫を形成していくことが安全な出産につながるとのことで、出会い頭に子作りするよりはゆっくりと恋愛期間を経て子どもを作る方が生物学的には推奨される、ということなのかもしれません。

・関連記事
心理学教授が解き明かしたキスの秘密 - GIGAZINE

のどや舌のガンの原因にも、性行為により感染するHPV(ヒトパピローマウィルス)について知っておくべきこと - GIGAZINE

幸福や不幸は遺伝するのか?受精前の両親の心理状態が子どもの遺伝子に影響する可能性 - GIGAZINE

「結婚できる確率が低くなる遺伝子」と「離婚の危機を回避することができる薬」 - GIGAZINE

家族に姉妹がいる人の方が幸せな人生を過ごしている - GIGAZINE

とても幸せなカップルが毎日心がけている5つのこと - GIGAZINE

娘にキスをしたイタリア人観光客の男性が逮捕される - GIGAZINE

0

in サイエンス, Posted by darkhorse_log