×
レビュー

間違ってフォーマットした結果、パーティション情報が消えたハードディスクをフリーソフトで復元できるかどうか試してみました


以前、ハードディスクを丸ごとイメージ化してバックアップ&リストア&クローン可能なフリーソフト「EASEUS Todo Backup」の記事を書いていて、実際に「HDDを丸ごと別のHDDにコピーする、クローン化作業」を行おうとした結果、操作をミスって中にデータの入った大容量ハードディスクのフォーマットが始まってしまい、「しまった!」と思って開始から5秒ほどでキャンセルしたのですが手遅れとなり、Windowsからは認識されない状態(エクスプローラから見えない)になってしまいました。

おそらくはクイックフォーマットか何かなのでパーティションの情報が消えただけであり、中のデータは無事だと予想できたものの、通常の復元ソフトだと容量1TB(実際には931.51GB程度)もの大容量ハードディスクをスキャンするだけで途方もない時間がかかるため、なんとかして消えてしまったパーティション情報のみを復元できないかと思って探してみたところ、偶然発見したのが、パーティションのリサイズ・作成・コピー・変換・完全消去などが簡単にできるフリーソフト「Partition Wizard Home Edition」だった、というわけです。

というわけで、マイコンピュータから見えなくなったハードディスクをフリーソフト「Partition Wizard Home Edition」で復元できるかどうか試してみたレポートは以下から。
まず「Wizard」から「Partition Recovery Wizard」を選びます


「Next」をクリック


今回のハードディスクはUSB接続しているにもかかわらず、エクスプローラやマイコンピュータから「ドライブ」としては見えないのですが、存在自体は認識しているらしく、容量から考えてどうやらこの「Disk 2」のようです。選択後、「Next」をクリック。


ドライブ全体が見えなくなっているので、とりあえず「Full Disk」を選んで「Next」をクリック


パーティションの情報のみが消えたと今回は予想されるので、「Quick Scan」を選んで「Next」をクリック


消えたはずのパーティションを発見、クリックしてチェックを入れます


「Finish」をクリック


そして「Apply」をクリック


「Yes」をクリックすれば、実際の復元作業が始まります


復元開始


復元中。ここまで1分ぐらい。かなり高速です。


終了。「OK」をクリックします。しかしこれだけだとまだマイコンピュータから見えません。調べてみると、どうやらドライブレターをちゃんと付けてあげないとエクスプローラやマイコンピュータからは見えないようです。


復元された「Disk 2」を選び、右クリックして「Change Letter」をクリック


このドライブはFドライブにするということに決めたので、「F:」を選んで「OK」をクリック


最後に「Apply」をクリック


「Yes」をクリック


作業開始


完了。これでちゃんと見えるようになりました。


正直、あまり期待していなかったのですが、ちゃんと復元できてちょっとオドロキです。フリーソフトでここまでできるようになるとは、すごい時代になったものです……。

・関連記事
パーティションのリサイズ・作成・コピー・変換・完全消去などが簡単にできるフリーソフト「Partition Wizard Home Edition」 - GIGAZINE

ハードディスクを丸ごとイメージ化してバックアップ&リストア&クローン可能なフリーソフト「EASEUS Todo Backup」 - GIGAZINE

削除したファイルを強力な各種機能で復元できるフリーソフト「Pandora Recovery」 - GIGAZINE

ごみ箱から削除したファイルを復元するフリーソフト「SoftPerfect File Recovery」 - GIGAZINE

USBメモリ・SDカード・HDDなどから削除して消えてしまったファイルを復元できるフリーソフト「DiskDigger」 - GIGAZINE

ごみ箱から消してしまったファイルを復元するフリーソフト「FineRecovery」 - GIGAZINE

オープンソースで無料のファイル復元ソフト「PhotoRec」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse