×
メモ

JASRACの独占禁止法違反認定か、公正取引委員会が排除措置命令へ


2008年4月にGIGAZINEでJASRAC(日本音楽著作権協会)が独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会より立ち入り検査を受けたことをお伝えしましたが、JASRACに対して独占禁止法に違反していると認めた上で、排除措置命令が下す方針が固められたようです。

詳細は以下の通り。
JASRACの音楽著作権管理、排除措置命令へ 公取委

日本経済新聞社の報道によると、公正取引委員会がJASRACに対して私的独占を理由とした独占禁止法違反で排除措置命令を出す方針を固めたそうです。

これは昨年の立ち入り検査の原因となった、各放送局の放送事業収入に対して一定の割合で著作権料を課しているJASRACの「包括契約」が、音楽著作権管理事業を行う同業他社の新規参入を阻害していると認められたもので、包括契約の見直しを求める内容になるとみられるとのこと。

なお、2009年2月25日10:40現在、公正取引委員会およびJASRACからの正式な発表はまだ行われていません。

公正取引委員会
http://www.jftc.go.jp/


社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC
http://www.jasrac.or.jp/

・関連記事
ついにP2Pソフトなどを使ったファイルのダウンロードの違法化決定 - GIGAZINE

着々と導入される「ダウンロード税」、音楽や映画などのコンテンツに一律課税 - GIGAZINE

アニメを録画されると利益が減るから「私的録画補償金が必要」と日本映像ソフト協会がめちゃくちゃな意見を表明 - GIGAZINE

まるで恐れを知らない戦士、37%のP2Pユーザーが警告を無視してファイル交換を続けると回答 - GIGAZINE

違法ダウンロード爆増でDVD売れず、ついに韓国からハリウッドの全映画会社が撤退 - GIGAZINE

文化庁、映像や音楽などの私的複製に対して回数に応じた課金を導入へ - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log