手ぶれを軽減させる6つの撮影方法


最近のカメラには「手ぶれ補正機能」が搭載されてしまいますが、それでも手ぶれによってボケてしまうことがよくあります。そういうときに役に立つ撮影方法を紹介。どのようなものがあるのか見ていきましょう。

詳細は以下より。How to Reduce Camera Shake - 6 Techniques

1.両ひじを内に寄せ、体に引きつけて撮る


シャッターを押すときに息を吐くとさらに安定します。コンパクトなカメラの場合に効果が発揮しそうです。

2.左肩を上げ、右ひじを胸に引きつけて撮る


3.ひざを利用して、自分自身が3脚になる


ひざの上にひじを載せることで安定する。

4.寝ころんで撮る


手を下に置いて、高さ調整を行い撮影対象にあわせていきます。

5.ひじを台座にして撮る


台座になる腕の手で、もう片方の腕を持つことで安定性が増します。

6.3脚になる撮影方法の上級者版


ゆりかごをイメージしているとのこと。

・関連記事
東芝のハイビジョンムービーカメラ「gigashot GSC-A40F」で実際に撮影してみた - GIGAZINE

コクピットから撮影した美麗な写真 - GIGAZINE

巨大カップとネコが段々仲良くなる様子を撮影した記録 - GIGAZINE

普通ではない衣装で撮影された結婚写真 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log