チョコレートをもっと食べるべき10の理由


チョコレートを食べることは体にいいことだそうで、実際に昔は薬として用いられていたようです。実際にはどういう効果があるのでしょう。

詳細は、以下から。1.血圧降下
カカオのフラボノイドが血圧と血液の凝固のバランスを整えてくれるそうです。

2.脳への血液循環の促進
カカオフラボノールにより、脳のキーエリアへの血流が改善されるようです。

3.気分の高揚
ダークチョコレートに含まれるカフェイン、その他の化学物質が気分、月経前症状によいそうです。また、チョコレートに含まれるフェネチルアミンが恋に落ちる感覚と同じような感覚のトリガーになるようです。

4.細胞破壊の保護、5.血糖値の改善
純粋なダークチョコレートのフラボノイドがよい影響を与えるそうです。

6.心臓発作の減少
毎日ダークチョコレートを食べていると、心臓発作の危険性が50%も減るようです。

7.慢性疲労症候群の緩和の手助け
85%カカオを含むダークチョコレートを1.5オンス(約42.5グラム)食べた慢性疲労症候群の患者が、食べる前に比べて疲労が減ったそうです。

8.善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす
お茶、コーヒー、タマネギと比較して、ダークチョコレートの方が悪玉コレステロールの減少に関連しているそうです。

9.血糖処理の促進
ダークチョコレートを食べることにより血糖の新陳代謝が増加し、糖尿病の危険性が減少するようです。

10.しつこいせきの緩和
カカオを構成している物質の一つであるテオブロミンがとても効果があるようです。

多くのチョコレートには、脂肪、砂糖、カロリーなどが多く含まれているので、砂糖、乳脂肪を取り除いてあるのものを食べるようにし、またチョコレートと言っても細かく分類されているので、すくなくとも60%以上カカオが含まれている物を選ぶことがおすすめだそうです。(チョコレートの規格

説明はここ。
10 Reasons To Eat More Chocolate | Laurel on Health Food

・関連記事
カカオ分99%究極の板チョコ「チョコレート効果 板カカオ99%」 - GIGAZINE

バンホーテン チョコレート ディアカカオはココア好きなら食べるべき - GIGAZINE

明治製菓の「56種類のチョコレート」を命がけで全部食べてみた~前編~ - GIGAZINE

バレンタインチョコの義理と本命はそもそもメーカーが異なる - GIGAZINE

世界最大級のチョコレート噴水 - GIGAZINE

明治のプレゼント用チョコのネットショップ「100% Chocolate Cafe.」とは? - GIGAZINE

0

in サイエンス,   , Posted by darkhorse_log