Fortranから最新言語まで、約2500種類のプログラミング言語の系図


史上最初のプログラミング言語である1954年に考案された「Fortran」(フォートラン)から、今の各種最新言語に至るまで、いろいろなプログラミング言語が発展していく様子をまとめた巨大な系図を見ることができます。ちゃんと印刷できるようにPDFファイルなども置いてあります。自分の使っている言語がない場合には連絡して欲しいとのことです。

閲覧は以下から。
Computer Languages History (preview)

元のページはココ。A4用紙11枚に及ぶ印刷用PDFファイルなどをダウンロードできます。

Computer Languages History

こうやって眺めてみると、いろいろな言語がお互いに少しずつ影響を与えているのがよくわかります。さすがにあまりにもマイナーな言語はサポートしていないようですが、作者に連絡すれば入れてもらえるかも。

一応全言語の一覧は以下から検索できます。

The Language List

ほかにも、バベルの塔になぞらえたものもあります。

The Encyclopedia of Computer Languages
http://hopl.murdoch.edu.au/


縦バージョンの樹形図もあります。

diagram & history of programming languages


また、同じシリーズでUNIXとWindowsの系図もあります。どちらもすごい。

UNIX History

Windows history

・関連記事
Linuxディストリビューションの系統図 - GIGAZINE

任天堂の家庭用ゲーム機の歴史を1枚の樹形図に - GIGAZINE

0

in ソフトウェア,   ネットサービス,   メモ, Posted by darkhorse