取材

キュアマカロン&ショコラからキュアブラック&ホワイトまで幅広く揃ったワンフェス2019[夏]の「プリキュア」いろいろ


2019年9月にNHKでの「全プリキュア大投票」が控える「プリキュア」シリーズのフィギュアを、ワンダーフェスティバル 2019[夏]の会場でいろいろと見かけました。制約により、放送中の作品のキャラクターはいませんが、「キラキラ☆プリキュアアラモード」のキュアマカロンやキュアショコラといった人気の高いキャラクターから、初代・キュアブラックとキュアホワイトのドールまで、幅広い立体化が行われていました。

まず3-23-01「アゾンインターナショナル」には、「ふたりはプリキュア」からキュアブラックとキュアホワイトのドールが登場。


ふたりはプリキュア キュアブラック」(予価税別5万6000円/ヘッド原型製作:ZAN(猫の小判)/ボディ外皮原型製作:千鶴(鶴の館)/2019年冬頃発売予定)。Max Heartバージョンではない、初代のヘソ出しコスチュームです。


腰には変身に用いるコミューンを装着。


足元はこんな感じ


ふたりはプリキュア キュアホワイト」(予価税別5万6000円/ヘッド原型製作:ZAN(猫の小判)/ボディ外皮原型製作:千鶴(鶴の館)/2019年冬頃発売予定)


白と水色を基調とした、ブラックとは対照的なコスチュームです。


5-33-03「とらの会」にあったのは、「キラキラ☆プリキュアアラモード」のキュアマカロン(1万円/原型製作:竜崎理)


腕の角度などに、ゆかりさんの小悪魔っぽいところが見事に現れています。


5-34-10「ぎゃらくてぃかてりおす」にも同じく「キラキラ☆プリキュアアラモード」から、キュアショコラ(2万円)。


クールかつスタイリッシュであり、尻尾のボリュームが圧倒的。


5-14-06「多摩川青春スペース」にあったのは、キュアホイップ&キュアパルフェの「レッツ・ラ・まぜまぜ その1」(8000円)。


5-12-01「nico-labo」のキュアショコラ(原型:案辺)は、ショコラらしく、ややオリジナルの色使いよりもチョコレート色に寄せてある感じ。


チョコレートファウンテンで見られるような、滑らかなチョコレートの流れが感じられます。


5-13-02「アミエ・グラン」にもキュアショコラ&キュアマカロン(9000円/原型製作:あみえ大将)がペアで並んでいました。


7-45-06「王者の剣」は、ディーラーカットとしても用いられているイラストは「Yes!プリキュア5」のキュアドリームですが……


今回の頒布品はキュアホイップ(7000円)でした。


6-23-13「ふわRIDE」のキュアビューティ(7000円)。冠と光輪がついた、中盤以降に登場するプリンセスフォームです。


7-48-05「344℃」のキュアミラクル(1万3000円)


7-49-02「ミリメートルモデリング」も同じくキュアミラクル(6000円)ですが、デフォルメされた等身になっていました。

©ABC-A・東映アニメーション

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2019[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「魔法つかいプリキュア!」キュアミラクル&キュアマジカルまで登場したワンフェス2019[冬]のプリキュアいろいろ - GIGAZINE

プリキュアがロボ化したハッピーロボなど「プリキュア」シリーズフィギュアいろいろ - GIGAZINE

キュアピースが圧倒的人気でウルトラハッピーな「プリキュア」フィギュアいろいろ - GIGAZINE

in 取材,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.