生き物

肥満犬「グロリア」、牧羊犬に復帰するためブートキャンプに参加


軍隊での新兵訓練プログラムを「ブートキャンプ」と呼びますが、犬のための訓練施設も同じくブートキャンプと呼ばれるようです。本来大型の猟犬用の訓練施設ですが、肥満で牧羊犬としての役割を果たせなくなったグロリアは、職場復帰を目指してこのブートキャンプに参加することとなったそうです。

No time to paws for breath! Podgy pooch put through her paces to help her find a family | Mail Online

グロリアは4歳メスの元牧羊犬。かつては牧羊犬として働いていたのですが、太ってしまったことにより、手放されてしまいました。


訓練コースをほふく前進で進むトレーナーとグロリア。


トレーナーのJulie 'Hoffy' Hoffmanさんとグロリア。Hoffmanさんは、体重の問題から新しい家族を見つけることも難しくなっていたグロリアの話を聞き、自らの手でグロリアを牧羊犬に復帰させることを決意。無償でグロリアの訓練を買って出たそうです。


グロリアは理想的な体重を目指して、現在の体重を半分に落とすべく訓練を行っているとのこと。是非とも頑張ってもらいたいところです。

・関連記事
世界の国を肥満率の高い順に並べるとこうなる - GIGAZINE

パソコンの前での食事は肥満につながる可能性、間食の量がおよそ2倍になる研究結果が明らかに - GIGAZINE

肥満気味の女性は仕事にも自信がない傾向、賃金や就職率への悪影響も - GIGAZINE

デスクワークが肥満の原因となっている可能性があることが明らかに - GIGAZINE

in 生き物, Posted by darkhorse_log