なぜか機関車のときよりも威圧感があるバギーになったトーマス


5月14日から一般公開が行われ、全国のモデラーが自慢の作品を持ち寄る「モデラーズクラブ合同展示会」が開催されている第50回静岡ホビーショーですが、合同展示会のぺいんとマイスターズのブースに、バギーに変形した「きかんしゃトーマス」の主人公トーマスの姿がありました。

なぜか機関車のときより威圧感のあるトーマスバギーについては以下から。第50回静岡ホビーショー

会場の奥のほうで、異様な存在感を発揮しているトーマスを発見。


巨大な車輪を備えた力強い姿。


正面から見ると、車高の高さのためか、威圧感があります。


前から顔を見据えていると、突然目玉がぎょろりと動きました。怖い。


操縦席には人が乗っています。


こっちをにらんできました。


車輪からは手が生えています。


どうやらウィンカーを出すタイミングで目が動くようです。端のランプが点灯しています。


このトーマスバギーの作品名は「WildWilly2 Thomas EvoII」で、タミヤの電動ラジコンバギーワイルドウイリー2をベースにしているそうです。年内にEvoIII化が決定しているとのこと。


※5月17日追記
製作者である三倍速さんからの情報によると、実はこのモデルは目とドライバーが動くギミック以外に、煙突から煙が出て、釜と煙突部分がメラメラとLED照明でライトアップする機構も付いていましたが、展示上の諸問題でOFFにしていたとのこと。三倍速さんのサイトには製作工程なども掲載されており、以下のムービーはは実際にトーマスEvoIIが動くところを撮影したもの。次回作が楽しみです。

YouTube - ワイルドウイリー2 トーマスEvoⅡ 003 TAMIYA WILD WILLY2 THOMAS


YouTube - ワイルドウイリー2 トーマスEvoⅡ 007 TAMIYA WILD WILLY2 THOMAS


トーマスバギーを製作したぺいんとマスターズは、自動車模型を得意としており、トーマスのほかに「バックトゥザフューチャー」に登場する車両をモデルにして、0.5mmの透明ポリカーボネイト板からフルスクラッチしたという「デロリアンII」が展示されていました。


英国が誇る名車ミニクーパーを鯉のぼりにしてしまった「ミニ 5月鯉のぼり仕様」。


日産のGT-Rに大胆にキュアブロッサムをあしらった痛車「キュアブロッサムGT-R」。


スポンサーは資生堂を想定。


Leafの「WHITE ALBUM(ホワイトアルバム)」から緒方里菜をあしらった痛車も。


ブルース・リーを三方に配置した「アチョー! 燃えよドラゴン号」。ボディにはタミヤの「ファイヤードラゴン」を使用。

・関連記事
きかんしゃトーマスが街のド真ん中に数時間も放置される - GIGAZINE

「きかんしゃトーマスに勝った」と豪語するブタ「ペッパ」とは何者か? - GIGAZINE

まもなく映画が公開される「きかんしゃトーマス 伝説の英雄(ヒロ)」が早くもプラレール化 - GIGAZINE

頻繁に列車事故を起こしているような気がする「きかんしゃトーマス」が2011年春に映画化を予定 - GIGAZINE

0

in 取材,   乗り物,   アニメ, Posted by darkhorse_log