世界初のIP携帯電話が実用化、定額で通話し放題に


日本経済新聞社の報道によると、インターネット回線を用いて電話ができる「IP電話」の技術を携帯電話に用いた定額通話サービスが世界で初めて開始されるそうです。

開始は今年の7~9月を予定しているとのこと。

詳細は以下から。
日本通信、IP携帯電話を実用化・世界初、7-9月期めど

この記事によると、日本通信はNTTドコモの回線網を借りて、携帯電話のネットワークを使ったIP電話サービスの開始を2008年の7~9月期に予定しているそうです。

IP携帯電話同士の通話は定額となることが予定されており、企業で一斉に導入されれば通話コストは大幅に下がるとのこと。なお、携帯電話のネットワークを用いたIP電話の導入例はなく、実現すれば世界で初めてとなるとしています。

ちなみに「IP携帯電話で通話定額」というと、携帯電話にアダプター「MobdeM」を接続するだけで通話が定額になるとうたっていたジャパンメディアネットワークの破産を思い出しますが、実際にNTTドコモの回線網を借りるなどしていることから、ちゃんとしたサービスになりそうです。

・関連記事
携帯電話とIP電話が終日通話無料、ソフトバンクの「ホワイトコール」の詳細が明らかに - GIGAZINE

イー・モバイルの音声通話サービスの詳細が明らかに、通話定額や国内ローミングも - GIGAZINE

ウィルコム、ソフトバンクに対抗した音声通話定額プランを発表 - GIGAZINE

KDDIがau同士の家族間通話を24時間無料に、月額980円で無料通話分付きプランも - GIGAZINE

in モバイル,   メモ, Posted by darkhorse_log