ソフトウェア

CSSとHTMLをリアルタイムに書き換えてプレビューできる「rendr」


「CSS」タブをクリックして、中のコードを書き換えると、リロードせずにそのままリアルタイムにページ全体を再レンダリングしてくれます。「Markup」タブをクリックすればHTMLコード自体を書き換え可能。元に戻すには「clear markup and css」をクリック。

Firefoxの拡張である「greaseMonkey」バージョンもあるので、自分のサイトで同じようなことができるようになり、CSSデザインの試行錯誤が楽になります。

詳細は以下から。
rendr
http://gregtaff.com/rendar2.html

greaseMonkey版はキャッシュが有効な場合に、ローカルキャッシュのHTMLファイルを直接書き換えてリアルタイムプレビューするというモノになっています。

インストールするにはgreaseMonkeyをインストールした状態で上記ページの「greaseMonkey version」をクリックしてインストール。

使用するには、書き換えたいページを表示している最中に「Pause」キーか「Break」キーを押します。するとウインドウが開くので、中のコードを書き換えるだけ。自分のページのCSSについてあれこれ試行錯誤する際に非常に楽になります。

・関連記事
CSSファイルを減量化するサイト「CSS Tweak」 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log