「ジョジョ七夕まつり in S市杜王町」に参加すべく仙台に行ってきました


2016年4月から放送されているテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の舞台となっている「M県S市」のモデルは、原作者・荒木飛呂彦さんの出身地である宮城県仙台市。これに合わせて、2016年8月5日からジョジョ第4部と仙台がコラボした「ジョジョ七夕まつり in S市杜王町」が開催されているということなので、仙台まで行ってその盛り上がりを確かめてきました。

「ジョジョ七夕まつり in S市杜王町」コラボイベント -TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』公式サイト-
http://jojo-animation.com/special/tanabata.html

仙台空港アクセス鉄道
仙台入りのルートはいろいろとありますが、今回は仙台空港アクセス鉄道とのコラボが行われているということなので、空路を選択。仙台空港に到着しました。


アクセス鉄道の駅は空港に隣接していて、到着ロビーから徒歩3分から5分ほど。その、駅の改札の手前で記念乗車券が販売されていました。1セット1060円で、1名5セットまで限定。販売期間は8月8日まで。


さらに、改札横には仙台空港鉄道オリジナルグッズの展示が行われていました。なお、ここに立てられているポップはジョジョではなく「Wake Up, Girls!」のもの。WUG!は仙台を拠点として活動するアイドルの活躍を描いたアニメです。


WUG!を前に、ジョジョ第4部の主人公である東方仗助による「アクセス鉄道に乗って、杜王町に向かってくれよな!」という案内アナウンスが流れていました。

仙台空港アクセス鉄道×ジョジョの奇妙な冒険 東方仗助アナウンス - YouTube


ということで仙台空港駅の構内へ。


すべての編成ではないのですが、オリジナルのコラボヘッドマークが取り付けられていました。


先頭部分もこんな感じ。


絵柄は同じで、仗助・億泰・康一・承太郎・露伴が描かれています。


なお、発車の際にも仗助によるアナウンスが流れていました。

ちなみに、記念乗車券にはメインキャラクターたちと杜王駅が描かれています。


折りたたまれた内側には、「美田園から仙台空港(220円)」「仙台空港から美田園(220円)」「杜せきのしたから仙台空港(310円)」「仙台空港から杜せきのした(310円)」の4枚の乗車券が綴じられています。


オマケとして「杜王から仙台空港」という乗車券もついていました。上記の4枚は実際に使うことが可能ですが、この乗車券は使用できません。


パパブブレ
アクセス鉄道で仙台駅に到着し、中央口(駅西側)を出ると正面左手に見えるのが7月1日にオープンした仙台パルコ2。6階にはTOHOシネマズ仙台が入っていて、8月7日にはアニメ上映会と仗助役・小野友樹さんと承太郎役・小野大輔さんによるキャストトークショーが予定されているのですが、その前に、2階にあるキャンディショップ・パパブブレ仙台店でジョジョのコラボキャンディ第2弾の販売が行われています。


……なにやら、階段を降りていく行列が見えて、いやな予感。この行列は「パルコ2開店」ではなく「パパブブレ」開店待ちの行列でした。このあと、行列は駅やパルコ周辺を結ぶペデストリアンデッキの上に移動・形成されていました。


お店では仗助が待ち構えています。


並んでいると試食のアメをもらえました。


今回販売されたのは「ジョジョMIX D」(1袋税込700円)。4月にパパブブレ全店で実施したコラボが人気だった第1弾に続く品で、第4部以外のバージョンもありましたが、今回は仗助のスタンド名・クレイジーダイヤモンドにちなんだとみられる「D」という名前の通り、第4部に関するキャンディばかりです。


その内容はこんな感じ。特に、2列目右側にある広瀬康一のスタンド「エコーズ ACT.1」は仙台店でしか手に入らないとのこと。その左側に置いた、吉良吉影が連れていた女性の手らしいアメが不気味で、とてもいい感じです。


OWSON S市杜王町店
第17話「岸辺露伴の冒険」で、康一君と露伴先生は地図に描かれていない小道から不思議な世界に迷い込み、杉本鈴美とアーノルドの幽霊に出会います。その小道のあった場所が「OWSON S市杜王町店」の隣。今回のコラボでは、ローソン仙台柳町通店がこの「OWSON」に変身しています。

隣に小道はないものの「OWSON」を発見。


「LAWSON(ローソン)」ではなく「OWSON(オーソン)」です。


場所はここ。「仙台駅最寄りのローソン」というわけではなく、500m弱ほど歩くことになります。


ローソンはJ・J・ローソン氏の作った牛乳屋が源流にあることからロゴマークとして牛乳缶を使っていますが、オーソンはちょっと違うようです。


店名は「S市杜王町店」。


さすがに、店の外にあった固定式の看板は「LAWSON STATION」のままでしたが、店外に向けては仗助によるオリジナルアナウンスが流れたりしていて、人を集めていました。


店外にあったスタンプ台では、オーソン印のスタンプが押せました。


さすがに店内はジョジョっぽい飾りにはなっていなかったのですが、コラボアイテムが販売されていました。そのうちの1つがこの「オリジナルOWSONグッズ」(2016年版・税込1000円)。B5ノート・ボールペン・マジックがセットになっています。


また、一部の商品には「OWSON」シールが貼られていました。


「からあげクン」の場合はシールが台紙ごと未使用状態でパッケージについてくるので、自分で好きなところに貼り付けられます。


亀友マーケット
JR仙台駅から、青葉通を500mほど西へ行くとイオン仙台店があります。


この店内に、作中では杜王駅内に店を構えていた東日本最大のチェーンデパート「亀友マーケット」が期間限定で“出店”しています。


これが「亀友マーケット」の出張店舗……!


主に、東北のお菓子などを扱っていて、お土産を買うときにぴったり。


なお、限定エコバッグも販売されています。


1つ税別1200円で、大きさ比較用にB5ノートと並べるとこんな感じ。B4は収まるものの頭が出てしまいそう。


ちなみに、店内には矢安宮重清(重ちー)のスタンド・ハーヴェストがあちこちに潜んでいるので、4体見つけてツイートすると先着でオリジナルグッズがもらえます。


ここにはメインキャラクター5人のスタンドポップが並んでいるので、買い物を終えて記念撮影をしている人も多数いました。


七夕かざり
8月6日から8日まで、仙台では東北3大祭りに数えられる「仙台七夕まつり」が開催されます。そのため、JR仙台駅の中ですらこの通り、七夕飾りで埋め尽くされます。


七夕飾りは5つが1組になっているようで……


多くの飾りは、モチーフとなる色も5色で分かれていました。


中には「平和七夕」として、千羽鶴で作られた飾りも。


今回、「ジョジョの奇妙な冒険」の飾りも掲出されています。場所は「マーブルロードおおまち商店街東二番町通り側入り口付近」とのことなので、青葉通の1本北の筋(マーブルロードおおまち商店街)を西へと歩いて行くと……


隙間から見えているのは……


ジョジョの飾りです。


西に向いて、左から億泰


承太郎


仗助、康一君。そして……


「ヘブンズ・ドアー」……?


裏側に回ってみると露伴先生を発見。キャラクターの裏側にはそれぞれのスタンドが描かれているのですが、七夕飾りは下を人が通るとくるくる回転するので、「キャラクターのみ」「スタンドのみ」がそろった状態を見るにはタイミングが重要です。


その様子をちょっと観察してみました。

「ジョジョの奇妙な冒険」の七夕飾りがくるくる回転 - YouTube


ジョジョ第4部展示会 in 江陽グランドホテル
広瀬通と東二番丁通(国道4号)の交差点北東側にあるのが江陽グランドホテルです。


ここは、承太郎が杜王町滞在時に宿泊していた「杜王グランドホテル」のモデルでもあります。


入口には七夕飾りが。


ホテル3階の宴会場で行われているのが「アニメ ジョジョ第4部展示会」です。


開催は8月5日~12日の11時~19時。


このような入場整理券が配布されました。


そして会場へ行ってみると、入口に「会場内は全て撮影可能です」というお知らせが……!


ということで、スマートフォンやカメラを向ける人の姿が多く見受けられました。


通常は「撮影禁止」とされていることの多い複製原画展示ですが、今回は撮影OK。


レイアウトから総作監修正までの流れを示した展示も。


台本は自由に読めるようになっていました。


そんな会場を見守る、等身大の仗助。


サイン展示は仗助、康一、億泰といったメインのキャラクターから……


出番のそれほど多くなかった「虹村父」や……


透明の赤ちゃん、さらにこれから活躍する重ちーまでそろっていました。


杜王町ラジオのDJ……こと、バッキー木場さんのサインまで。しかし、肝心の吉良吉影は不在でした。


会場には物販コーナーも設けられていて、その手前に過去発売されたフィギュアがずらっと展示されていました。

大盛況の物販コーナー


CD・DVDを税込2000円以上購入すると、ポスターがもらえるとのこと。


機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。


これは会場外に展示されていた、一番くじの景品。


また、クレーンゲーム用の景品としてミニマスコットも。


江陽グランドホテル2階の写真スタジオは「ジョジョの奇妙な写真スタジオ」として、5種類から好きなフレームを選んで写真を撮れるスペースとなっています。1枚1200円。


・つづき
この翌日、東方仗助役・小野友樹さんと空条承太郎役の小野大輔さんが仙台を訪れ、コラボ店舗巡りやTOHOシネマズ仙台でのトークイベント、Koboスタ宮城でのスタジアムイベントなどが行われました。

仗助&承太郎がOWSON・TOHOシネマズ・Koboスタなどに現れた「ジョジョの奇妙な冒険」コラボ - GIGAZINE

・関連記事
「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」PV第2弾の街頭ビジョン公開を見に行ってきた - GIGAZINE

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」より岸辺露伴・吉良吉影などがデフォルメ可動フィギュア化 - GIGAZINE

ジョジョ一行の旅が最終局面に入った「ジョジョの奇妙な冒険」第9回プレミア上映会 - GIGAZINE

442

in 取材,   アニメ,   , Posted by logc_nt