スケートボードを回転させながら飛ぶ「トリック」をスローモーションムービーで分かりやすく解説


スケートボード(スケボー)は路上で滑って遊ぶだけでなく、2020年東京オリンピックの追加種目として承認されるなどスポーツ競技としても親しまれています。そんなスケートボードのテクニック「トリック」の仕組みを詳しく解説したムービー「The Physics of Flip Tricks | (Skate)ology」が公開されています。

The Physics of Flip Tricks | (Skate)ology - YouTube


「オーリー」や「キックフリップ」をはじめとしたスケボーのトリックには、すべて物理法則があります。


最初に見ていくのは「フロントサイドフリップ」というトリック。


まずしゃがみ込んで重心を下げます。


フロントサイドフリップには、後輪を回転軸として使います。ボード後方(テール)を片足で蹴って……


そのまま両足で空中に飛び上がります。


物体を回転させる力を「力のモーメント」と呼び、力のモーメントの大きさは距離に比例します。足から車輪までの距離を離すほど、高く飛ぶことができます。


空中でボードに両足をついて……


地面に着地。


続いては「フェイキー・ビッグ・フリップ」というトリック。先ほどのフロントサイドフリップとは異なり、前輪を回転軸に使います。ボードの前方(ノーズ)を蹴ってジャンプ。


するとボードが垂直方向に360度回転。


さらに縦方向の回転も加わります。


見事に着地。


「インポッシブル」は、板を足に絡ませながら360度回転させるトリック。まずはテールを右足で蹴ってジャンプするのですが、テールが地面についた後もそのまま地面に押しつけるのがポイント。こうすることで、ボードが足に絡んで回転します。


左足は大きく振り上げてボードから離します。


ボードは右足を軸にぐるりと回転。


回転が終わったタイミングで、空中で待機していた左足を板に戻します。


華麗なトリックが決まりました。

・関連記事
空中に浮かぶホバーボード「Hendo」が登場、バック・トゥ・ザ・フューチャーのホバーボードが現実のものに - GIGAZINE

謎の「ホバーボード」を突如レクサスが発表、本当に磁気浮上している様子はこんな感じ - GIGAZINE

まさにあの名探偵の気持ちになれる時速30kmの電動スケボーがさらに進化した「2nd Generation Boosted Board」 - GIGAZINE

考えたとおりに動かせるスケートボードを操縦しているムービー - GIGAZINE

もはやボードではないリング型次世代スケボー「The Sidewinding Circular Skates」 - GIGAZINE

「スケボー界の神」が無重力下でぐるんぐるんに回転しながら超絶トリックに挑戦 - GIGAZINE

超巨大スケートボードが街中で走行しているムービー - GIGAZINE

「スケートボードの日」にスケートボードに乗っていた少年が逮捕される - GIGAZINE

149

in 動画, Posted by darkhorse_log