タングステン鋼でガラスを突き破るタクティカルペン「ZEROHOUR APEX」


護身用の機能を兼ね備えたペンのことを「タクティカルペン」と呼びますが、ペン先の反対側にタングステン鋼チップを備え、緊急時にガラスを粉々に破壊できるだけでなく、無重力空間や水中でも文字が書けるタクティカルペン「ZEROHOUR APEX」が登場しました。

ZEROHOUR APEX: Titanium Tactical Pen with Tungsten Tip (EDC) by Amy Truong & Aaron Son — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/prizmlite/zerohour-apex-titanium-tactical-pen-with-tungsten

ZEROHOUR APEXがどんなタクティカルペンなのかは、以下のムービーを見るとよくわかります。


ZEROHOUR APEXはボディに穴が空いた独特のデザインのペン


バラバラにするとこんな感じ


ペン軸はNASAで宇宙飛行士が使っている窒素ガス入りのFisher Space Penの替え芯が採用されています。


窒素で押し出される特殊なゲル状のインクが入っています。


Fisher Space Penを採用しているため、ZEROHOUR APEXは無重力下でも使用可能。


さらに水中で紙に線を書くことができ……


逆さにした状態や急な角度でも、文字を書けるようになっています。


一度氷づけにしてしまった後でも問題なし。マイナス34~121℃までの温度に耐える作りです。


ペン先をひっくり返せば、タングステン鋼チップが出てきます。


ガラスに突き刺せばこの通り粉々に。災害時などは退路にあるガラスを破ったり、自動車の窓ガラスを破壊したりでき、迅速に脱出可能。もちろん護身具として悪漢から身を守る際にも役立ちます。


タングステン鋼の強度により、軽金属にラインを描くことも可能です。


ZEROHOUR APEXのボディは軽くて丈夫なアルミ製か、さらに強度の高いチタン製の2種類。


軽くてコンパクトなので、鍵束に付けてキーホルダーのようにして持ち歩いたり……


シンプルにポケットに入れたりしてもOK。毎日持ち歩いて、いざという時に役立てられるようになっています。寸法は約12cm×1.11cmで、重量はアルミ製が17g、チタン製で28.2gです。


別売りで専用スタンドも用意されています。


ZEROHOUR APEXは製品化に向けてKickstarterで出資を募集中。すでに目標金額の2万ドル(約219万円)をはるかに上回る出資金を獲得しており、製品化はほぼ確実。59ドル(約6400円)の出資でアルミ製のZEROHOUR APEX、79ドル(約8600円)でチタン製のZEROHOUR APEXをゲット可能。それぞれに20ドル(約2190円)ずつ追加すれば、専用スタンドをゲットすることもできます。製品の出荷は2016年8月ごろの予定で、日本への発送には別途15ドル(約1600円)の送料がかかります。出資の締め切りは2016年6月21日(火)の午前11時となっています。

ZEROHOUR APEX: Titanium Tactical Pen with Tungsten Tip (EDC) by Amy Truong & Aaron Son — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/prizmlite/zerohour-apex-titanium-tactical-pen-with-tungsten

・関連記事
銃器メーカーの護身用ボールペン「タクティカルペン」の威力を試してみた - GIGAZINE

宇宙空間で使えるペンを開発したのはNASAではなく1人の投資家 - GIGAZINE

お皿にキュッキュと絵を描きオーブンで焼けばオリジナルの皿が作れてしまう「おえかきペン・陶磁器用」レビュー - GIGAZINE

ツイストして使う軽量アルミ製のユニーク&スタイリッシュなペン「Align」 - GIGAZINE

廃材を利用したクラシックなデザインのペン「Precision Collection」 - GIGAZINE

どの防水メモ帳がどれだけタフなのか水に沈めたり破ったりして実力チェック - GIGAZINE

269

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log