年収1000万円超を稼ぐゴミ収集人の実態に迫る

by juicyrai

夜7時から朝の3時まで、雨でも晴れでも雪でも寒くても、トラックに乗ってニューヨーク中のゴミを収集する「ゴミ収集人」の年収は年々上がっていっています。中には1000万円以上の収入を得ている人も存在するとのことで、その実態をCNNが取材しています。

The $100,000 job: Garbage workers - Feb. 24, 2016
http://money.cnn.com/2016/02/24/news/economy/trash-workers-high-pay/index.html

写真に写っているのがNoel MolinaさんとTony Sankarさん。Molinaさんは2015年に11万2000ドル(1260万円)、Sankarさんは10万ドル(約1120万円)を稼いだそうです。


トラックを運転するのがMolinaさんで……


トラックの端に捕まりつつ、ゴミ収集をサポートするのがSankarさん。


夜の街を走り回り、街中のゴミを集めます。


大きなゴミ袋をぽいぽいとトラックに積んでいく2人。


Molinaさんは高校を中退してから10年間、ゴミ収集会社のCrown Containerで働いてきました。働き始めたころ、Molinaさんの年収は8万ドル(約900万円)だったそうです。

ただしゴミ収集の仕事全般がこんなにも高給取りだというわけではなく、アメリカ国内で見ると、ゴミ収集車の運転手の平均年収は4万ドル(約450万円)ほど。しかし、職種を限定せずに見ると、高校中退者の年収は2万4000ドル(約270万円)、高校を卒業した人の平均年収は3万ドル(約340万円)ほどであり、ゴミ収集車の運転手はかなり年収が高いことがわかります。「大学出の人よりも稼いでいるんだ」とはSankarさんの言葉。


また、額そのものだけではなく、賃金が高くなっていくスピードも、2009年以降の他の職種が年平均14%アップであったのに対し、ゴミ収集業務は18%と大きく上回りました。

これはひとえに、ゴミ収集業務に関しては適切な技能を持った技師や埋め立て地のオペレーター、トラック運転手らを探すのが非常に難しいことが理由です。


例えばCrown Container社長のDavid Antonacciさんがゴミ収集車の運転手の募集広告を出したとき、申し込みが50通もあったそうですが、商業用自動車運転免許証を持っていたのはそのうち4人だけで、さらには4人とも免許証にペナルティがついていたとのこと。結局、Antonacciさんは申し込んできた50人のうち誰1人として雇うことができませんでした。

上記のような事態はCrown Containerに限ったことではなく、アイオワ州でゴミ収集施設を運営しているKathy Morrisさんの元でも起こっており、「ただ従業員の需要が増えているのではなく、特定のスキルを持った人が求められているのです」とMorrisさんは語っています。

MolinaさんとSankarさんは毎晩重いゴミ袋を運び、安全性について語りながら交通渋滞を縫って進みます。1週間の労働時間は55時間から60時間ほどで、決して簡単な仕事ではありません。しかし、雇用保障がしっかりしており、個人年金制度の401kや医療保障を受けられるようになっているのも彼らの仕事の優れた点。

「私たちの仕事は中国にアウトソーシングされない数少ないブルーカラーの仕事のうちの1つなんです」とMolinaさん。

ゴミ収集業務に就いている人は、2010年のアメリカに比べて5万人も増加しています。そして今後、リサイクルの種類が増すことで、労働者の需要はさらに増えていくものと見られています。


日本のゴミ収集については京都府向日市のごみ収集を担当する清掃職員が、所定勤務時間中にも関わらず職場でテレビ鑑賞やゲーム、昼寝などをしていたことが報じられていましたが、一方でその仕事っぷりが驚くべき勤勉さだと海外で話題になることも。なお、給料BANKによると日本の場合の平均年収は300~500万円とのことです。

・関連記事
どんな人がどんな職業の人と結婚しやすいのかを350万世帯の大規模調査のデータから可視化するとこうなる - GIGAZINE

人工知能やロボットなどで代替可能な職業100&代替されない可能性が高い職業100まとめリスト - GIGAZINE

ものすごい勢いでロボットに駆逐されてしまう13種類の職業 - GIGAZINE

年収「300万円未満」や「1000万円以上」の世帯がどの地域に多いのか一目で分かる「世帯の年間収入マップ」 - GIGAZINE

約850万円を最低年収として従業員全員に与えた会社にその後何が起こったのか? - GIGAZINE

212

in メモ, Posted by logq_fa