メモ

ものすごい勢いでロボットに駆逐されてしまう13種類の職業

by delgrosso

ロボットや人工知能の発展によって、将来的に肉体労働や知的業務、顧客サービスに関わる業務に至るまで、あらゆる分野の職業がロボットに置き換えられるとアメリカ労働統計局が推測しています。アメリカ労働統計局では、職業に関して集計したデータをもとに、「2024年までにロボットが20%以上の雇用を代替すると予測される13種類の職業」を公開しています。

Employment by detailed occupation
http://www.bls.gov/emp/ep_table_102.htm

Jobs that are quickly disappearing thanks to robots - Business Insider
http://www.businessinsider.com/jobs-that-are-quickly-disappearing-thanks-to-robots-2016-2


◆13位:金属・プラスチック加工用の鍛造機の操作員
平均年収:3万5480ドル(約404万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:2万1600人
2024年の予想従事者数:1万7000人
従業者減少率:21.5%

ロボットの登場によって最も顕著に影響を受けるのが金属加工業です。13位にランクインしたのは、金属やプラスチックパーツを細く加工したり、切り抜いたり、成型したりするための鍛造機を見張る仕事。アメリカ労働統計局は「ロボットに代替する方が、人件費を抑えられる上に、品質が向上して製品コストを下げられる」とコメントしています。

◆12位:金属やプラスチックの研磨・ラップ仕上げバフ仕上げ用機械の操作員
平均年収:3万4150ドル(約389万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:7万1400人
2024年の予想従事者数:5万5800人
従業者減少率:21.9%

主に金属パーツの表面を磨いたり、先端部や角を加工する機械をメンテナンスする仕事です。従事者数が減少する理由は、鍛造機の捜査員と同じくロボットで代替する方がコストダウンにつながるためとのこと。

◆11位:金属・プラスチックの鋳型製作者
平均年収:4万1670ドル(約475万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:3800人
2024年の予想従事者数:2900人
従業者減少率:23.4%

金属やプラスチックを溶かして流し込むための鋳型を作る職業です。

by Adam Cohn

◆10位:金属・プラスチックの成形・延伸機の操作員
平均年収:3万3800ドル(約385万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:7万3400人
2024年の予想従事者数:5万5500人
従業者減少率:24.4%

金属やプラスチック素材を成型・延伸して、ホースやワイヤーをはじめとした棒・管・袋状に加工する機械のメンテナンス作業を行います。

◆9位:金属・プラスチックのモールド成形・鋳造用機械の操作員
平均年収:3万600ドル(約349万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:12万9500人
2024年の予想従事者数:9万7200人
従業者減少率:25%

金属・プラスチック加工に関わる職業が13位から9位までを占める結果に。

◆8位:郵便局員
平均年収:6万7000ドル(約763万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:1万7300人
2024年の予想従事者数:1万2800人
従業者減少率:26.2%

アメリカ国内の郵便物や支払いサービスを管理し、郵便局員の仕事を管理する職業。自動郵便選別システムやオンライン支払いサービスの登場により、郵便局員の仕事は遠くない将来にほとんどがロボットに置き換えられる可能性が指摘されています。

◆7位:郵便局窓口係
平均年収:4万9040ドル(約559万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:6万9600人
2024年の予想従事者数:5万1300人
従業者減少率:26.2%

郵便局に届いた手紙を仕分けたり、切手・ハガキ・封筒を販売したり、振込処理を行ったりする職業。普通郵便の需要減少や自動支払いシステムの登場によって業務が減少傾向にあるとのこと。

◆6位:郵便配達員
平均年収:5万1790ドル(約590万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:29万7400人
2024年の予想従事者数:21万9400人
従業者減少率:26.2%

アメリカの郵便局では、届いた郵便物を自動的に受取用ボックスへ振り分けるシステム「delivery point sequencing」に移行しつつあり、郵便物を仕分けたり各家庭へ届けたりするための労働力が徐々に必要ではなくなっていくと推測されています。

by IQRemix

◆5位:金属鋳造工
平均年収:3万4430ドル(約392万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:9800人
2024年の予想従事者数:7200人
従業者減少率:26.6%

金属の鋳造を手作業で行う職業。高温で溶かした金属を型に流し込むという、危険を伴う作業のため、ロボット化が進むと見られています。

by Alain Bachellier

◆4位:金属鋳造用のコア造形工
平均年収:3万2510ドル(約370万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:1万2000人
2024年の予想従事者数:8700人
従業者減少率:27.7%

金属鋳造の生産過程で使用される、ロウや砂を原料にしたコアを製造する職業。ロボットに置き換える方がコストダウンにつながるという理由は、ほとんどの金属加工業に共通しています。

◆3位:電話交換手
平均年収:2万8000ドル(約319万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:11万2400人
2024年の予想従事者数:7万5400人
従業者減少率:32.9%

オフィスにかかってくる電話を取り次ぐ職業。電話相手に情報を伝えたり、相手からのメッセージを記録したりする仕事です。自動通信技術の発達により、直接相手と連絡することが可能になったことから、電話交換手の出番が徐々に減ってきています。

◆2位:郵便仕分け人・自動郵便仕分け機の操作員
平均年収:4万8710ドル(約555万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:11万7600人
2024年の予想従事者数:7万8000人
従業者減少率:33.7%

郵便局に届いた手紙を、配達ルートごとに仕分けて積み込む仕事です。機械の自動操作キャンセルや修理なども行います。前述の通りアメリカの郵便サービスが自動化を進めていることから、郵便に関わる職業が全体的に少なくなっていくと推測されています。

◆1位:コールセンターの電話オペレーター
平均年収:3万9350ドル(約449万円)
2014年のアメリカ国内での従事者数:1万3100人
2024年の予想従事者数:7500人
従業者減少率:42.4%

顧客からの電話に対して、さまざまな情報提供を行ったり、特別な支払いや返金を求める顧客に対応したり、緊急通報を受けたり、身体障害を抱える人や小さな子どもからの電話に対応したりする職業。通信技術の発展に伴って、コールセンター自体がインターネット上の窓口に置き換えられつつあります。

by Bryce Johnson

・関連記事
人工知能やロボットなどで代替可能な職業100&代替されない可能性が高い職業100まとめリスト - GIGAZINE

弁護士さえも「10年以内に弁護士が人工知能に取って代わられる」と考えている - GIGAZINE

ロボットや人工知能の進化は人間の仕事を2025年までに奪い尽くすのか? - GIGAZINE

Googleの自己学習する人工知能DQNを開発した「ディープマインド」の実態、何が目的なのか? - GIGAZINE

Google会長が「人工知能は世界に横たわる厄介な問題の解決にこそ役立てられる」と語る - GIGAZINE

Googleの人工知能開発をリードするDeepMindの天才デミス・ハサビス氏とはどんな人物なのか? - GIGAZINE

家庭用人工知能の開発をFacebookのザッカーバーグCEOが新年の目標として発表 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log