Twitterの画像転載を発見するツール「TwiGaTen」


Twitter上で投稿された画像の中からよく似た検索したり、アカウント名やツイートURLを入力することで画像転載やパクツイを発見したり可能な無料のウェブサービスが「TwiGaTen」です。Twitterアカウントと連携すれば自分のタイムラインでパクツイが発生しているかどうかも確認可能となっています。

Twitter上の類似画像/画像転載を見つけるやつ - TwiGaTen
https://twigaten.204504byse.info/

TwiGaTenは、「Twitter上の画像付きツイートを収集し、よく似た画像同士をまとめて表示するツール」とのことで、ログインしていない状態でも一部の機能を利用可能です。トップページの「人気のツイートを見る」をクリック。


すると、Twitter上の公開アカウントの中から類似画像を探し、「いいね」とリツイートの合計が大きい順に表示してくれます。なお、1ツイートに複数の画像が含まれる場合は、1枚ずつ類似判定を行って別々に表示しているとのこと。


上部メニューの「時刻順」をクリックすれば、画像転載ツイートを新しい順に並べ替えることが可能。


「次の日」「前の日」をクリックすれば過去の人気ツイートをさかのぼることも可能です。


カレンダーから日付を選ぶ機能もありますが、記事作成時点ではどの日付をクリックしても今日の人気ツイートのページに飛ばされてしまうようになっていました。


また、ユーザー名やツイートURLで検索することも可能ということで、トップページの「ユーザー名/ツイートURLで検索」をクリック。ページ右上の検索ボックスに入力して検索することも可能です。


試しに「@gigazine」と入力して、画像転載ツイートを検索してみます。


GIGAZINEのTwitterアカウントが投稿した画像とよく似た画像をツイートしているアカウントが、画像1種類ごとにずらりと表示されました。


類似画像について詳しく見るには、「別ページで見る」をクリック。


すると、画像ごとの個別ページが表示され、元ツイートのURLも確認できます。また、検索ボックスにURLを入力して検索した場合も、同様のページが表示されます。


続いて、ログイン後にのみ使用可能な機能を試してみるべく、トップページの「Twitterアカウントでログイン」をクリック。


Twitterのユーザー名とパスワードを入力し、「連携アプリを認証」をクリック。


「登録完了」と表示されれば準備完了なので、タイムライン上の画像収集が行われるまでしばらく待ちます。


しばらく待った後、メニューからアカウント名を選択し、「タイムライン」をクリック。


自分がフォローしているアカウントが投稿した画像ツイートとよく似た画像が見つかった場合、フォロー中のアカウントが左側に表示され、類似画像が右側に並ぶ形で表示されます。ツイートの投稿時間も合わせて表示されるので、「最初に画像をツイートしたアカウントはどれなのか」という判断もつきやすくなっています。


上部のメニューからは、「RTを表示」「RTを除く」というオプション選択も可能なので、「RTを除く」にしておけばパクツイ検出に役立ちそうです。


また、メニューの「自分のツイート」をクリックすれば、自分が投稿した画像が他のアカウントに転載されていないかどうかも確認可能となっていました。


・関連記事
画像パクツイを速攻通報可能な著作権侵害撲滅ツール「無断転載スレイヤー」 - GIGAZINE

TwitterのTLからパクリツイートを検出するサービス「おいでよ パクツイの森」 - GIGAZINE

まさかの「クソリプ」「パクツイ」がテーマに取り上げられた2015年センター試験国語はこんな感じ - GIGAZINE

250favs以上のパクリユーザーを一括ブロック「パクリツイッタラー殺すべし」 - GIGAZINE

無料で簡単に透かし入り画像が作れる「画像に透かし画像を設定するやつ」を使ってみました - GIGAZINE

4787

in レビュー,  ネットサービス, Posted by darkhorse_log