「メタルギアソリッド」を最先端のゲームエンジンUnreal Engine4でリメイクした「Shadow Moses」の第1弾トレーラーが公開


1998年に発売された人気ステルスアクションゲーム「METAL GEAR SOLID(メタルギアソリッド)」を、最先端のゲームエンジン「Unreal Engine4」でリメイクするというファン主導の非公式プロジェクト「Shadow Moses」が、初のトレーラームービーを公開しました。

Shadow Moses Remake | First trailer | - YouTube


「以下のコンテンツはまだ開発の初期段階であり、最終的な完成品のクオリティを示すものではありません」


暗い倉庫のような場所からムービーがスタート。


プレイステーション専用ソフトとして誕生したメタルギアソリッドが美麗に進化していることはこの時点で一目瞭然。


戦いの舞台をじっくり観察できます。


「刺激的で緊張感のある最高のバトルゲームをもう一度プレイ」


ムービーの冒頭はステージを複数紹介しながら進みます。


メタルギアソリッドをプレイしたことがある人なら見覚えのある場所。


「ソリッド・スネークが帰ってくる」


そして突如リメイク版のソリッド・スネークが登場。モデリングにはさらに手が加えられることになるのか、このままなのかは不明です。


潜入任務をこなすスネーク。


仁王立ちするスネークかと思いきや……


その後を、シリーズおなじみのダンボールをかぶってテクテク歩く様子も見られます。


もちろんCQCもアリ。


「SHADOW MOSES」


もやの中から……


サイボーグ忍者が登場。そして「So long Snake…」とつぶやきます。


そして最後は暗闇の中でメタルギアREXと対峙するスネーク。


リメイクプロジェクトをスタートさせたAiram Hernandezさんは「このプロジェクトの当初の目的は、シャドー・モセス島をリメイクすることで、最新のゲームテクノロジーの基礎を探検しながら感じられる『博物館的なゲーム』を作りたいと思ったからです」と、プロジェクトをスタートした理由を説明しています。その後、多くのゲーム関連サイトやファンに注目されることとなり、ゲーム自体をリメイクすることを決めた模様。なお、トレーラームービーは公開から2日で既に30万回以上再生されており、プロジェクトの公式Facebookページには1万件を超えるいいねが集まっています。

なお、プロジェクト「Shadow Moses」は、メタルギアソリッドの権利を保有するコナミの許可を得るべくをTwitterで「#MGSRemake」というキャンペーンを展開中です。

・関連記事
メタルギアを手がける小島プロダクションの海外拠点が正式閉鎖、メタルギアはどうなるのか? - GIGAZINE

オセロットを使用可能な「METAL GEAR ONLINE」先行プレイ&フルトン回収スネークなどKONAMIのメタルギアブース - GIGAZINE

「メタルギア」のサイボーグ忍者など高クオリティな小島プロダクションフィギュア - GIGAZINE

メタルギアソリッド4がXbox360では発売されない5つの理由、逆に発売されそうな5つの理由 - GIGAZINE

「GANTZ」「ゴールデンエッグス」「メタルギア」シリーズの小島プロダクションなどが作り出した圧倒的クオリティのアイアンマンフィギュアいろいろ - GIGAZINE

399

in 動画,  ゲーム, Posted by logu_ii