ハードウェア

電話ボックスならぬ世界初の「自慰ボックス」が街頭に登場


職場で自慰行為を行なって仕事のストレスを和らげているという人が、ニューヨークで働く人のうち約39%もいるという調査を受けて、大手セックストイ製造企業が自慰行為用の小型ボックス「GuyFi」を路上に設置しています。

‘GuyFi’ booth brings welcome relief to overworked men in NYC / The Digital Newsroom
http://www.digitalnewsroom.co.uk/hotoctopuss/guyfi/

The company simply put a cloth over a phone booth in what amounted to a marketing gimmick. Inside was a chair and a laptop
http://mashable.com/2016/01/15/guyfi-male-pleasure-booth/#cLrqbyiXaSqD

GuyFiを企画したのはセックストイブランドのHot Octopussで、既存の電話ボックスの作りをそのまま利用。入り口に黒いカーテンをつるして、ボックス内にはインターネットに接続したノートPCとイスが用意されています。同社の広告が壁面に貼り付けてあり、利用料は無料とのこと。設置初日には約100人が利用したそうです。


Hot Octopussの共同設立者であるAdam Lewis氏は、「毎日9時から17時まで働きづめの状態は、精神的にも肉体的にもストレスがかかります。マンハッタンのような24時間眠らない都市においてはその傾向が顕著に現れるため、男性は自身の肉体に気を配って健康を保ち、目の前の仕事に集中できる環境を作ることが重要です。そのためには、オフィスから離れて休憩を取ることがとても大切なのです」と語ります。

Lewis氏によれば、Hot Octopussでは忙しい現代人が毎日の生活を改善するための方法を常に模索し続けており、GuyFiはそのプロジェクトの一環とのこと。GuyFiの使い方は使用者の自由で、「ニューヨーカーにGuyFiを楽しんでほしい」とLewis氏は語っています。


Hot Octopussは世界初の男性用バイブレーター「PULSE」の開発元として知られていて、自慰行為の健康的な利点について広めながら男性向けのセックストイへの恥じらいをなくす活動を行なっています。GuyFiをマンハッタンの路上に設置した経緯としては、「GuyFiを多くのオフィスワーカーたちに試してもらうことで、自慰行為を行う場所をオフィスではない適切な環境に移し、短い休憩時間でも十分リフレッシュして健康状態と生産性に大きく貢献できることを実感してもらうため」とのこと。

ある科学者は「男性の自慰行為は憂うつな気持ちやストレスを緩和して、自尊心を高めるという効果が認められています。スピード社会かつストレスにあふれた職場環境の中で健康を保つ方法として自慰行為は非常に有効です」と語っており、1回につき15分ほどの自慰行為で、職場での生産性を大いに向上させることができるとのこと。Hot Octopussは今後、マンハッタンに設置したGuyFiが好評ならば、マンハッタンを中心にアメリカ国内の主要都市やロンドンなどにもボックスを設置していく予定とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
セックスについて知っておくべき11個の真実とは? - GIGAZINE

人類のセックスを進化させてきた歴史的な6つの発明とは - GIGAZINE

いつどこでどんなセックスor自慰行為を何を使って行ったか記録するサイト「Nipple」 - GIGAZINE

女性が自慰行為を学習できる性教育ゲーム「HappyPlayTime」 - GIGAZINE

コンドームの代替になるかもしれない「射精のオンオフスイッチ」 - GIGAZINE

性教育をよりポジティブにすることで出生率を上げられるという可能性 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.