Android各バージョンの使用率が判明、リリースから3カ月のAndroid 6.0 Marshmallowはまさかの数字


Googleの提供するモバイル端末向けOS・Androidの最新バージョンとなる「Android 6.0 Marshmallow」は、2015年10月にリリースされました。そんな、Android 6.0 Marshmallowがリリースされてから約3カ月が経過した時期になって、GoogleがAndroidの各バージョンが一体どれくらい使用されているのかを明らかにしています。

Dashboards | Android Developers
http://developer.android.com/about/dashboards/index.html

Three months after its release, Android 6.0 Marshmallow is on just 0.7% of devices
http://www.neowin.net/news/three-months-after-its-release-android-60-marshmallow-is-on-just-07-of-devices

Googleが公開したデータは2015年12月29日から2016年1月4日までの7日間に収集した、Android各バージョンの使用率。データをまとめると以下のようになり、使用率が最も高いバージョンは約2年前にリリースされた4.4の36.1%。対して、最新版のAndroid 6.0 Marshmallowは2015年10月5日のリリースから約3カ月が経過したにも関わらず、使用率がわずか0.7%とひと月前のデータからわずか0.2%しか使用率を伸ばせないでいることが分かります。なお、Marshmallowの最新版はAndroid 6.0.1ですが、これを使用できる端末はごくわずか。対応端末の少なさが使用率の少なさにつながっていると思われます。


使用率をコードネームごとに分けると以下のような感じ。最も多いのはKitKat、次にLollipop(5.0、5.1)、Jelly Bean(4.1.x、4.2.x、4.3)と続いており、この3つで全体の90%以上を占めています。


以下の表はAndroid端末のディスプレイのサイズと解像度を集計したもの。ディスプレイサイズはSmall・Normal・Large・Xlargeの4つに大まかに分けられており、解像度はldpi(~120dpi)、mdpi(~160dpi)、hdpi(~240dpi)、xhdpi(~320dpi)、xxhdpi(~480dpi)の5通りに分けられています。最も多いのはNormalサイズの端末で、解像度はhdpiが最も多い41%。ディスプレイサイズを抜きで見ても、解像度はhdpiが最も多い42%です。


なお、ディスプレイサイズのSmall・Normal・Large・Xlargeは以下のように分けられています。

・関連記事
「Android M」はマシュマロのM、Googleの次期OSは「Android 6.0 Marshmallow」に決定 - GIGAZINE

知っておくと役立つ7つの「Android 6.0 Marshmallow」新機能まとめ、Google Now on Tap・指紋認証・Doze・Chrome Custom Tabsなど - GIGAZINE

GoogleはAndroid 6.0 Marshmallowでディスク暗号化に再チャレンジする - GIGAZINE

新OS「Android 6.0 Marshmallow」の配信がスタート、対応の旧Nexus端末は? - GIGAZINE

Googleの最新スマホ「Nexus 6P」&「Nexus 5X」の外観をじっくりチェックしてみた - GIGAZINE

117

in モバイル,  ソフトウェア, Posted by logu_ii