プチコン3号で開発されたハイクオリティーな自作3Dシューティングゲーム「GIVERS-P3D」


ニンテンドー3DSでプログラム言語のBASIC(ベーシック)を使ってプログラムを作成できるほか、他人が公開したプログラムをダウンロードしてゲームをプレイできる3DSダウンロードソフトウェアが「プチコン3号 SmileBASIC」です。BASICでプログラムを作ってゲームからアプリまで開発できるプチコン3号 SmileBASICを使って、3Dシューティングゲームを作成した猛者が登場し、そのプレイムービーを公開しています。

「プチコン3号」GIVERS-P3D - YouTube


ゲームプログラマの谷裕紀彦さんは、プチコン3号 SmileBasic用の自作ポリゴンエンジンを使ってシューティングゲームの「GIVERS-P3D」を開発。以下の画像はGIVERS-P3Dのスタート画面です。


ゲームが始まると、プレイヤーが操作する機体がアップで映し出され……


上昇していきます。アングルが切り替わるカメラワークはなかなかものです。


機体が宇宙空間に飛び出し勢いよく出発。


ステージ1の「EPISODE-I Raid of givers forces.」が始まりました。


GIVERS-P3Dは斜め見下ろし型のシューティングゲームで、敵は画面上から登場します。


敵を倒すとスピードアップなどのアイテムを入手。


さらにアイテムを入手すると、サブ兵器を自機の左右に装備可能です。


登場する敵の中には大きなものもあり、難度は低くありません。


クネクネと動く中ボスも登場します。


これは先に登場したものとは別のサブ兵器で、青いビームを発射。


「!!CAUTION!!」という文字が表示され、画面が赤く点滅を始めると……


ステージ1のボスが登場。


ボスは体を分解させたり……


ロケットを発射してきたりなど、バラエティーに富んだ攻撃を仕掛けてきて、初見プレイではなかなか倒せなさそうなレベルです。


ボスを倒すとステージ2が始まりました。


ステージ2は未知の惑星が舞台で、多関節の蛇型の中ボスも登場します。


なお、GIVERS-P3Dの公開キーは「735YW3L4」です。気になる人はプチコン3号にダウンロードして実際にプレイすると、そのすごさを体感できます。

・関連記事
ニンテンドーDSi上でプログラム言語「BASIC(ベーシック)」が使える「プチコン」 - GIGAZINE

「サセン…アア…エット…」と書けば本当に実行できる「コミュ障プログラミング言語」 - GIGAZINE

プログラミング言語同士がどう影響を与え合っているのかを示した相関図 - GIGAZINE

探索アルゴリズムを視覚的に楽しむ「迷路で眺める探索アルゴリズム」 - GIGAZINE

160以上のプログラムを見やすくHTML・TeXなどに変換するフリーソフト「Highlight」 - GIGAZINE

128

in 動画,  ゲーム, Posted by darkhorse_log