30分以内の配達を実現するAmazonの配達ドローンが劇的進化、着陸方法など最新版ムービー公開


1時間以内の爆速配達サービス「Prime Now」をスタートさせたAmazonが、配達ドローンを使った30分以内の超速サービス「Prime Air」の最新ムービーを公開しました。クアッドコプターだったドローンが進化し、配達システムもさらに洗練され、サービス開始は「そう遠くない」とのことです。

Amazon Prime Air
http://www.amazon.com/b?node=8037720011

30分以内の超速配達「Prime Air」のスタートが間近であることは、以下のムービーを見れば分かります。

Amazon Prime Air - YouTube


「これはそう遠くない未来の風景です」とPrime Airのサービスを紹介するのは、Top Gearを降板後、Amazonと電撃的に契約してAmazon Primeムービーで番組を制作することになったジェレミー・クラークソン。


「今日、大事な試合があるのに私のサッカーシューズが片方ないの!」と訴える娘。


娘のものすごいけんまく、父親もたじたじ。


その片方のシューズはというと、育ち盛りの愛犬がおもちゃにしていました。


愛犬をとがめても意味はなし。こんな状況をどうすればよいのか……


賢明な母親は、Amazonタブレットでポチポチ。


どうやら娘の必要とするサッカーシューズをAmazonで注文したようです。


「Prime Air」の特別な水色の箱にシューズが入れられて……


すぐに配達作業へ移されます。


箱を待ち受けるのはAmazon Prime Air専用の配達ドローンの新型モデル。靴箱のサイズから推測すると、以前より大型化しているのがわかります。


車体下部に箱をセット。


大空へと飛び立ちました。


上空400フィート(約122メートル)を飛行するAmazonドローン。


従来のクアッドコプターではなく、リアにプロペラを1機備える飛行機のような形状です。


残り時間は3分24秒。目的地まで正確に飛行を続けます。


ドローンの到着目前に、お母さんのタブレットに間もなく到着を知らせるアラート。「Wait a Minute(ちょっと待って)」と「All Clear(準備OK)」の2種類を選べるようです。


「All Clear」をポチ。


受け入れ準備も完了し、いよいよ配達される模様。


目的地を見定めたAmazonドローンは……


下降を始め、Amazonロゴの着陸地点を目指します。


見事に目的地点に着陸。


商品の箱を地面に下ろして……


再び、飛び去っていきました。


商品をゲットしたお母さんは、目的地点を示す専用の案内板を回収。どうやらこの専用の案内板にAmazonドローンは正確に着陸するようです。


お母さんが「これでOKね」とサッカーシューズを手渡すと、娘は試合に出かけました。


「あなたにもこれ」、と愛犬にはガムをポイ。Prime Airでガムも一緒に購入していたようです。


Amazon Prime Airは5ポンド(約2.3kg)までの商品を30分以内に届けるサービスで、アメリカ、イギリス、イスラエルに開発拠点を構えてサービススタートに向けて試験フライトが繰り返されているとのこと。法整備が追いつかないほどの開発スピードですが、安全性と合法性をたずさえて、30分以内の驚異的な配達サービスのスタートに向けて、Amazonは着々と準備を進めているようです。

・関連記事
Amazonの無人飛行機を使った配達サービス「Amazon Prime Air」が意外に早く開始される可能性 - GIGAZINE

Amazonが無人飛行機で自宅前まで注文から30分でお届けしてくれる「Amazon Prime Air」がよくわかるまとめ - GIGAZINE

Amazonのドローン配達は「現在地で受け取り可能」など驚愕の内容が判明 - GIGAZINE

「Amazon Prime Air」のドローンは第6世代試作機の飛行テスト中、第8世代が設計段階 - GIGAZINE

ついにAmazonがドローンのテスト飛行許可を取得しドローン配達の実現に1歩前進 - GIGAZINE

「ドローンハイウェイ」をAmazonが提案、高度61m~122mを時速111kmで飛行 - GIGAZINE

157

in ハードウェア,  動画, Posted by logv_to