メモ

Twitterのふぁぼより「ハート(いいね)」の方が6%も利用が増加


Twitterのお気に入り機能の名称が「いいね」に変更され、従来の「星アイコン」が「ハートアイコン」として表示されるようになって1週間が過ぎ、国内外からは「元に戻してほしい」という声が目立っていましたが、「『いいね』が実装されてからアクティビティが6%増加した」とTwitter製品部門の上席副社長(SVP)が発表しました。

アメリカ・サンフランシスコで行われたモバイルコミュニケーションに特化したカンファレンス「Open Mobile Summit」でTwitterの製品部門SVPであるKevin Weil氏が発表した内容によると、「ハートアイコンの『いいね』の数は星アイコンの時よりも6%多く使われている」と発表し、カンファレンスの出席者たちがその内容をツイートしています。

Twitterはアイコンと名称を変更した理由について、「言語や文化、地域を問わず、ハートは世界中でシンボルとして使われています。テストの結果、星よりもハートを好む方が多いこともわかりました。」と説明していましたが、実際にハートというユニバーサルアイコンが持つ効果が実証された、というわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Twitterが「ふぁぼ」廃止、ハートマークの「いいね」へ移行 - GIGAZINE

Twitterのハートのいいねを「お寿司」アイコンに変える方法 - GIGAZINE

Twitterの「@japan」を持つ人物の意外過ぎる目的とは? - GIGAZINE

Facebookが関西弁に対応、「いいね!」は「ええやん!」に - GIGAZINE

Facebookが「いいね!」「シェア」ボタンを変更、埋め込む投稿のサイズ指定も可能に - GIGAZINE

「よくないね」の代わりに「絵文字」をFacebookが導入へ、映像で見るとこうなる - GIGAZINE

in メモ,   モバイル,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.