ポルノ映像が国際空港の手荷物受取所のモニターでガッツリ流れる事態が発生


国際空港は多数の航空会社が乗り入れ国内外から来た多くの人が行き交う場所で、その国の玄関口のようなものです。ポルトガルの首都リスボンにあるリスボン空港は、国際線が集中していてヨーロッパのハブ空港の役割を担っているのですが、同空港の手荷物受取所のモニターでポルノ映像が流れるという事態が発生しました。

Tourists Shocked As Airline Plays Porn Movie On TV Screens While They Collect Luggage - Yahoo News UK
https://uk.news.yahoo.com/tourists-shocked-airline-plays-porn-141802349.html

実際にポルノ映像が流れた際の手荷物受取所の様子は以下のムービーから確認できます。

Lisbon Airport Porn - YouTube


映し出されたのはリスボン航空にある手荷物受取所の一角。多数の飛行機が到着するタイミングではなかったのか人はあまりいませんが、画面の右奥に一瞬だけ子どもの姿が映りました。


カメラがスーッと右上に動くと、通常であれば飛行機の便名とターンテーブルの番号が表示されるはずのモニターに上半身裸の男性が映っています。


場面が変わり今度は裸の女性が映し出されて、撮影者は大爆笑。


引きの映像になると、あろうことか完全なるポルノ映像が映し出されました。撮影者は爆笑しながら「ウェルカムトゥリスボン」とコメント。


すぐそばをスーツ姿の男性が通り過ぎますが、ポルノ映像を気にとめる様子はありません。


リスボン航空によれば、事態が発生したのは2015年10月19日午前3時のことで、幅広いジャンルの番組を多数放送するGeneralist channelの中の1番組がモニターに映し出されてしまったとのこと。映し出された番組は同時間帯にソフトなポルノ映像を流していただけで、ポルノ専門番組ではないそうです。

リスボン航空は「状況は速やかに修正され、今回の件に関する苦情はゼロ件でした。今後は同様の事態が発生しないことを約束します」とコメント。ポルノ映像が流れたのは7分程度だったとのことです。なお、ポルノ映像が流れてしまった原因に関しては言及がなく、このような事態がどうして発生したのかは不明のままです。

・関連記事
ポルノ映画を初めて見た女性はどんな反応を示すのか? - GIGAZINE

VRヘッドセットでポルノを初めて見る人の反応はこんな感じ - GIGAZINE

ポルノの影響に関する研究、ポルノを見たことがない男性が見つからず頓挫するも別の結果が得られる - GIGAZINE

コミケ準備会などが「児童ポルノ禁止法案」に反対する理由まとめ、アニメ・マンガ・CGなどにも影響大 - GIGAZINE

書店や出版社が「リベンジポルノ禁止法」に反対を表明する理由とは? - GIGAZINE

孫が水浴びしている写真をパソコンの中に保存したおじいさん、児童ポルノ単純所持の罪で警察に捕まり起訴される - GIGAZINE

in 動画,   Posted by darkhorse_log