マンゴー×カレー味という未知の味に挑戦したコイケヤのポテチ「エキゾチップス マンゴーカレー味」は想像以上の完成度


パリパリの食感と塩辛い味付けがクセになるスナック菓子の「ポテトチップス」を、みかん味もも味、バナナ味にしてしまったのがお菓子メーカーのコイケヤです。そんなコイケヤが、新たに甘辛い新感覚ポテトチップス「エキゾチップス マンゴーカレー味」を2015年8月3日(月)から全国で発売します。好評だったもも味やバナナ味のポテトチップスを受け、コイケヤは「消費者は今まで体感(タイ感)したことのない未知の味わいに対する興味・関心が高まっているのではないか」という仮説を立て、タイ風の新フレーバーを考案することになったそうですが果たしてどんな味わいになっているのか一足先に食べてみました。

またしても!?もも・バナナに続き“マンゴー” 「ポテチ(R)」×「マンゴー」×「カレー」 タイ感!未知の味「エキゾチップス」最新作
http://koikeya.co.jp/news/detail/621.html

「エキゾチップス マンゴーカレー味」は、2014年に販売された「エキゾチップス」の新フレーバー。


ポテトチップス×マンゴー×カレーという異色のコラボですが、どんな味になっているのか期待が高まるところ。


エキゾチップスシリーズは、スパイスやハーブをきかせた味わいとカリッとした歯ごたえが特徴のポテトチップス。マンゴーカレー味には赤唐辛子・コリアンダー・クミン・ターメリック・ジンジャー・ガーリックといったスパイス&ハーブが使用されています。


原材料を見ると、マンゴーパウダーやココナッツミルクパウダーがしっかり明記されており、いったいどんな味になっているのか謎は深まるばかり。内容量は1袋当たり54gです。


栄養成分表によると1袋当たりのエネルギーは282kcal、たんぱく質は3.3g、脂質は15.7g、炭水化物は32.0g、ナトリウムは298mg。


袋の大きさをiPhone 6と比較するとこんな感じで、ちょっとだけノーマルのポテトチップスの袋よりも横幅がスリム。


というわけで早速袋をパカリと開封。口を開けたとたんに中からスパイシーな香辛料の香りが漂ってきて食欲をそそります。


1袋でこれくらい入っている感じ。


ポテトチップスの色はノーマルのうすしお味よりもほんのり黄色味ががかっており、香りと相まってとてもスパイシーな味を連想させます。


そんなわけで早速パクリ。スパイスにこだわって作っているというだけあって、口に入れると「まさにカレー」といった感じの風味豊かなスパイスが鼻を抜け、非常に風味がグッド。スパイスと一緒にマンゴーのフルーティーな甘みとココナッツミルクも感じられ、ピリ辛よりの甘辛い絶妙な味付け。カレーとジャガイモの相性の良さは言わずもがなですが、スパイシーなカレー風味と香ばしいポテトチップスの相性も抜群で、非常に完成度が高く、ついついパクパク手が進む味わい。


風味からはタイ料理らしさを感じるのですが、香りはそれほど後を引かず、ピリっとした辛みがグッと来てグッと引いていく感じで、クセが少なくパクパク食べられます。甘みがしっかり効いているからか、想像していたより辛さは控えめで全体的に食べやすい味付けに感じます。ただし、辛いものが苦手な編集部員は「飲み物なしで1袋完食は厳しいかも……」とつぶやいていました。


「カリッとした食感とともに楽しめる厚切りポテトチップス」とのことで、確かにノーマルのものよりもカリっと歯ごたえのある食感です。


想像以上のタイ感が味わえる「エキゾチップス マンゴーカレー味」は、2015年8月3日(月)から全国で発売されます。

・関連記事
本当にみかん味で戸惑うコイケヤの「ポテトチップス みかん味」を食べてみました - GIGAZINE

「新しい朝食」として湖池屋が考案した朝ポテチ「もも味&バナナ味」を実際に食べてみた - GIGAZINE

肉の上にポテトチップスまで挟んでしまった超ジャンクフード「ポテトチップスバーガー」などをロッテリアで食べてきた - GIGAZINE

ポテトチップスを肉の代わりに挟んでしまったバーガー「ポテトチップスサンド」をカルビーキッチンへ食べに行ってきました - GIGAZINE

ジャガイモと塩と油のみで正真正銘本物のうすしお味、菊水堂のポテトチップを食べてみました - GIGAZINE

ポテトチップスを食べようとしたら中に携帯電話が入っていた - GIGAZINE

179

in 試食, Posted by logu_ii