約30年前に発売されたWindows 1.01をブラウザでエミュレートするとこうなる


1986年に日本で発売が開始されたMS-DOS上で動作するOS「Windows 1.01」をブラウザ上でエミュレートして体感できるのが「Windows - Virtual x86」です。Windows 1.01を使ったことがある人には懐かしく、使ったことがない人にはある意味新鮮な体験をさせてくれます。

Windows - Virtual x86
http://copy.sh/v86/?profile=windows1

上記URLを開くと自動的にWindows 1.01が起動します。


Windows 1.01が起動するとAドライブが表示されます。最近のWindowsとは異なるものの、UIデザインはWindowsのクラシックデザインとそう離れていないもの。中身も現在のエクスプローラーの一覧表示と変わりません。


メニューバーに並んでいるのは「File」で、起動・ロード・コピーなどができます。


「File」の隣にあるのは「View」メニューで、表示しているファイルの並び替えなどが可能です。


現行のWindowsでは見かけない「Special」はセッションを終了したり、ディレクトリを作成したりできます。


ちゃんと動くのか、「CALC.EXE」をダブルクリックして開いてみます。


コレが計算機。計算機にシャドウが付いているのは新鮮な気がします。


マウスポインタを使って数字を入力すれば、実際に計算が可能でした。


終了するには左上のハンバーガーアイコンにマウスポインタを合わせて「Close」をクリックすればOKです。


コレはカレンダーで、色使いが斬新。


実際に予定をテキストで入力することもできます。


入力した予定は「Save As」を選択して保存。


ファイルの名前を入力し、最後に「Save」をクリックするとAドライブに保存完了。


Aドライブに戻ると、作成した「GIGAZINE.CAL」がきちんと保存されていました。


コレは時計ですが、時間は現在時間から大幅にずれていました。


コマンドプロンプトは背景が真っ白。


コントロールパネルは、時刻と日付、カーソルの点滅速度、ダブルクリックの速度のみ設定可能。


拡張子が「FON」になっているフォントファイルや……


システムファイルの一種である拡張子「DRV」のファイルは開くことができませんでした。


Windows - Virtual x86はブラウザ上でエミュレートしているため、動作が少し不安定なことがあります。動かなかったり操作が分からなくなったりしたときは、画面左上にある「Reset」をクリック。


ResetをクリックするとWindows 1.01が再起動し……


再び遊べるというわけ。昔のOSを実際に操作してみると、技術の進歩を実感すると同時に、見た目以外は変わっていない部分も多々あることが感じられます。

・関連記事
なぜWindows 10が「特別なOS」なのかが一発で分かる新機能まとめ - GIGAZINE

「Windows RT」は公式に終了がほぼ確定 - GIGAZINE

Windowsのブルースクリーンを開発した人が知られざる事実を明かす - GIGAZINE

WindowsのパスワードはGPUを25個使えば約6分から6時間で突破が可能、毎秒3500億通りもの総当たりが可能な方法とは? - GIGAZINE

Windows 3.1と95の間に存在していたかもしれない幻のOS「Windows 93」 - GIGAZINE

政府内での「Windows 8」使用禁止を中国が決定、その理由とは? - GIGAZINE

Windows XPの壁紙になった草原は現在はこんな感じになっている - GIGAZINE

219

in レビュー,  ソフトウェア,  ネットサービス, Posted by darkhorse_log