新型MacBookも採用、裏表どちらからでも挿せる「USB3.1 Type-C」とは?


Appleが新たに発表した新型12インチ「MacBook」では、電源コネクターを含む従来のコネクターが全て姿を消し、サイド部分にぽつんと配置された1個の小さなUSB Type-Cコネクターに集約されました。これ1つで電源からデータ通信まで全てをこなすというUSB Type-Cはどのような規格になっているのかまとめてみました。

新型MacBookに搭載されるUSB Type-Cコネクター。本体左側面のヒンジに近い部分にレイアウトされています。なにより驚くのが上下方向に薄く作られたサイズで、MacBookの薄型化には欠かせない仕様であったことが容易に想像できます。


そんなType-Cコネクターには以下のように電源、USB、Mini DisplayPort、HDMI、VGAの各ポートのすべての役割を兼ねるようになっており、これ一つで多くの機器とのやり取りから電源供給までをこなすことが求められています。


MacBookにUSB Type-Cが搭載されることは2015年初頭ごろにはリークされていました。以下の記事では9to5 Macによる予想イラストを見ることができるのですが、搭載位置が右と左で異なっているなどの違いはあるものの、実際の新型機とほぼ変わらないイラストが描かれていたことがわかります。

新型MacBook AirはUSB Type-C搭載でさらに薄型化、AppleWatchは3月に登場か - GIGAZINE


予想イラストではUSB Type-Cコネクターの位置は右。


新型で登場したゴールドモデルが描かれていなかったものの、実機とほぼ変わらないデザインがすでに判明していたことがわかります。


USB Type-Cコネクターは、USBの最新規格である「USB 3.1規格」で定められた新たなコネクター形状。それまでは「USB」「Mini-USB」「Micro-USB」の3種類が入り乱れて利便性を下げてしまっていた状況を改善するために、1つの共通のコネクタ形状を導入しようとするのがUSB Type-Cコネクターの開発の目的です。

USB 3.1の新機能は新型コネクタだけではなく強力な電力供給・AV機器接続なども - GIGAZINE


USB 3.1は最大で10Gbpsの転送速度をいかし、PC周辺機器を全てUSBで接続するというコンセプト。従来から利用されていたキーボードやマウス、外付けストレージなどの周辺機器の接続に加え、ネットワークやディスプレイ、オーディオ、そして電源周りまでもがUSB接続で実現するという規格です。なお、USB 3.1には最大速度5Gbpsの「Gen 1」と10Gbpsの「Gen 2」の2種類があるのですが、新型MacBookには5Gbpsの「Gen 1」が搭載されています。


USBケーブルで接続するだけで、1080p以上のHD映像の転送、SSDやHDDなどの高速ストレージ接続、電源供給を行えるようになるとされています。


特に利便性アップに貢献しているのが表裏どちらでも挿すことができるリバーシブルタイプのUSB Type-Cコネクターで、小型化も施されているため、持ち歩きのモバイル性能もアップ。


USB 3.1規格では、供給できる電力容量も大幅にアップ。Type-Cコネクターを使う場合は最大で36Wまでの供給になりますが、従来型の端子を用いた場合はMicro-USBケーブルで60W、標準ケーブルだと100Wまでの電力を送ることが可能になります。


そんなUSB Type-Cが実際に動作している様子が、CES 2015の会場で収められていました。

This is the reversible USB plug of your future — CES 2015 - YouTube


これが「Type-C」のUSB端子。パッと見た感じは上下対称なMicro-USB端子のような見た目。


ポートに挿さった状態のUSB端子を……


エイっと抜き……


クルっと反転させて同じポートにプスリ。「Type-C」のUSB端子が両面挿しOKであることを端的に示しています。


また、大容量SSDをUSB 3.1で接続して転送速度を検証し、リード/ライトともに約815MB/秒というスピードが出ていた様子もムービーには収められていました。


このように、従来から大幅に性能がアップし、さらに利便性までも向上しているというUSB 3.1「Type-Cコネクター」の普及はこれからといったところ。もちろん従来型コネクターを持つデバイスとの接続が必要になってくる場面も出てくるわけですが、Appleからは従来型USB端子やHDMI端子、VGA端子との変換アダプターを発売する予定。記事作成時の予定価格はそれぞれ税別9500円となっていました。

USB-C Digital AV Multiportアダプタ - Apple Store(日本)


USB-C VGA Multiportアダプタ - Apple Store(日本)


また、Type-Cコネクターを装備した充電ケーブルもラインナップされており、こちらは税別3500円と予定されています。

USB-C充電ケーブル(2m) - Apple Store(日本)


新型MacBook用の29W電源アダプターは、税別5800円となっていました。

Apple 29W USB-C電源アダプタ - Apple Store(日本)

・関連記事
超絶コンパクトな新型12インチ「MacBook」のスペックや価格の詳細が判明 - GIGAZINE

Nokiaが両面接続可能なUSB Type-Cを備えた7.9インチAndroidタブレット「Nokia N1」をリリース - GIGAZINE

両面OKな新型USB端子「USB Type-C」コネクターの実機写真が登場、2015年にも市場へ投入 - GIGAZINE

両面どちらでも挿さるUSBの新規格「Type-C」が完成し生産段階に突入 - GIGAZINE

全てのノートPCを充電できるようACアダプターの規格統一化が進行中 - GIGAZINE

145

in ハードウェア,  動画, Posted by logx_tm