匿名通信システム「Tor」を使うのに知っておくべき7つのこと

By quinn norton

Tor(トーア)はIPアドレスを相手に知られることなくインターネットに接続したり、メールを送信したりできる匿名の通信システムです。世界的に有名なBlack Hatセキュリティカンファレンスでは、Torの暗号化を無効にしてしまう内容の講演が、講演者の在籍する大学の弁護士による要望によってキャンセルされたこともあり、セキュリティ業界に波紋を広げました。インターネットに詳しい人ならよく知っているTorですが、名前を聞いたことはあるけども実際はよく知らない人や、存在自体を知らない人がたくさんいるとのことで、デジタル社会の自由な権利について活動している電子フロンティア財団が、「Torについて知っておくべき7つのこと」を公開しています。

7 Things You Should Know About Tor | Electronic Frontier Foundation
https://www.eff.org/deeplinks/2014/07/7-things-you-should-know-about-tor

◆1:Torはいまだに健在

By peddhapati

2013年にエドワード・スノーデン氏が政府機関がネット関連企業のサーバから個人情報にアクセスできるシステム「PRISM」を暴露。イギリスの情報紙ガーディアンが公開したPRISMに関する極秘書類には「Torユーザーの匿名性を打ち破ることはできなかった」と書かれていました。しかしながら、PRISMを運用していたNSAは特別な状況下においてTorユーザーを特定することに成功。その状況とはTorブラウザのTor Browser Bundleに脆弱性が発見されたとき、もしくはユーザーがブラウザの構成を間違えたときとのこと。こういったことから電子フロンティア財団は「Torは暗号化に関しては安全と言える。ただし、ブラウザのバグや構成ミスが発生した場合は気をつけなければいけない」としています。

◆2:犯罪者だけがTorを使用しているわけではない

By Heath Robinson

ユーザーがTorに対して抱いている誤解の中でも群を抜いて多いのが、「Torのユーザーのほとんどが犯罪者である」ということ。電子フロンティア財団によると、活動家が検閲を避けるのに使用したり、軍隊が安全な通信を行うために使ったり、子どものプライバシーを保護するのに親が利用したりするなど、Torを使用しているユーザーには犯罪者だけではなくさまざまな職種の人間がいるとのこと。それだけではなく、Torを使うことで、犯罪者から身を守ることにもつながります。

◆3:Torに軍事バックドアは存在しない

By Mark Menzies

ユーザーがTorに関して勘違いしていることの1つに「Torには軍事バックドアが存在する」というのがあります。アメリカ海軍がTorの開発に出資したことは事実ですが、暗号作成における専門家やセキュリティリサーチャーの調査でバックドアの存在が否定されています。

◆4:Torサーバの運用で起訴された人はアメリカでゼロ

By jiva

電子フロンティア財団が知る範囲では、2014年までにTorサーバを運用していたために起訴された人物はアメリカに存在しません。電子フロンティア財団は「我々はTorサーバの運用がアメリカの法律に反するとは思わない。ただし、Torの出口リレーを管理している場合、その行為が合法であるとは保証できない」としています。

◆5:Torの使い方はとてもシンプル

By ebayink

「Torの使い方は難しそう」という印象を抱かれることが多いそうですが、実際の使用方法はとてもシンプル。最も簡単なTorの使用方法は「Tor Browser Bundle」というブラウザをダウンロードすること。Tor Browser Bundleの使い方は一般的なブラウザとほとんど変わりません。もう1つの簡単な方法はLinuxベースのLive OS「Tails」 を使うこと。TailsはPCの終了時に、ユーザーによる起動中の動作を全て消去してくれます。

◆6:Torは遅くない

By Digon3

Torを介してインターネットに接続すると、通常の接続時よりも遅くなることは事実です。しかしながら、多くのTor開発者がネットワーク速度を向上させるため日々努力をしているとのこと。実際に現在の接続スピードは以前よりも速くなっています。

◆7:Torは完璧ではない

By Nick

Torはユーザーの使い方次第で完璧なモノではなくなってしまいます。そのため、常にTor Browser BundleやTailsを使用し、ソフトウェアを最新バージョンに更新しておくのは非常に重要。また、GoogleやFacebookにTorを介してログインした場合においても、GoogleやFacebookはユーザーの情報にアクセスすることが可能です。

・関連記事
スパイウェア入りの「Tor Browser」がなぜ今でもApp Storeからインストール可能なのか? - GIGAZINE

匿名通信システム「Tor」や暗号化メールを使うとNSAにデータを保持される可能性が上がる - GIGAZINE

Torにボットネット被害やNSAによる暗号キー突破の危険性が判明、ユーザーに更新を呼びかけ中 - GIGAZINE

Torユーザーを攻撃するNSAのコードネーム「EgotisticalGiraffe」とは? - GIGAZINE

ウイルス感染させたパソコンにTor経由で指令を送ってBitcoinを採掘させる新型クライムウェア「Atrax」 - GIGAZINE

99

in ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log