ハードウェア

ビル・ゲイツ財団出資の企業が遠隔操作で16年使用可能な避妊チップを開発

By Dragunsk Usf

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は世界最大の慈善基金団体であり、これまでにも次世代コンドームや装着補助器具の開発などに資金援助してきました。そのゲイツ財団が資金援助した企業の1つ「MicroCHIPS」は、ユーザーがリモートコントロールすることで最大16年間使用できる避妊チップの開発に成功しました。

Remote-Controlled Contraceptive | MIT Technology Review
http://www.technologyreview.com/news/528121/a-contraceptive-implant-with-remote-control

アメリカのマサチューセッツ州にあるバイオテクノロジー企業のMicroCHIPSが開発に成功したのは、大きさが20×20×7mmの極小デバイスで、使用者の臀部(でんぶ)・上腕部・腹部の皮膚下に埋め込んで使用します。デバイスには幅1.5cmの小さな容器が埋め込まれていて、その容器に緊急避妊薬にも使用されるレボノルゲストレルという黄体ホルモン剤が注入されています。小さな容器はフタの部分に密閉性の高いチタンと白金が使用されており、デバイスに搭載されたバッテリーからフタの部分に電流が流れ、フタが一時的に溶けて容器内のレボノルゲストレルが少量ずつ体内に吸収される仕組みです。

By Jodi Groesbeck

使用者が妊娠を希望するときにはリモートでデバイスの電源をOFFにするだけで、電源をONにすれば再び使用可能です。デバイスの使用可能期間は16年で、世界中のどこを探しても5年以上使用できる避妊薬およびデバイスは存在しないとのこと。

MicroCHIPSが開発した避妊デバイスのアイデアは、Microsoftのビル・ゲイツ氏から着想したもの。ゲイツ氏がMITにあるロバート・ランガー氏の研究所を訪れたときのこと、ゲイツ氏が「使用者がリモートコントロールでスイッチを操作できて、しかも長い間使用できる避妊用デバイスは実現可能ですか?」とランガー氏に聞いたことが始まりです。ゲイツ氏の質問にランガー氏は「以前に開発したマイクロチップの技術を使えば実現可能かもしれない」と考え、MicroCHIPSと共同で開発がスタートしました。

By TEDXBigApple 2012

デバイスを皮下に埋め込むという避妊方法は日本ではあまり聞き慣れませんが、海外では腕の内側などにホルモン剤を含んだ細長いプラスチック製の容器を埋め込む「避妊インプラント」が広く普及しており、デバイスを皮下に埋め込むことに抵抗はなさそうです。

なお、今回明らかになった避妊用デバイスは2015年に予備臨床検査が行われ、MicroCHIPSは2018年までの市場投入を目指しています。

・関連記事
次世代コンドームと装着補助器具の製造にビル・ゲイツ財団が乗り出す - GIGAZINE

快感を保つ「次世代コンドーム」開発にビル・ゲイツの財団が100万ドルの出資援助 - GIGAZINE

男性向けの経口避妊薬が登場へ - GIGAZINE

「月経前症候群(PMS)」の症状をなんとかして緩和する方法まとめ - GIGAZINE

なぜ男性用ピルなどの効果的な男性用避妊手法の開発は進まないのか? - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log