GitHubで使用されているアイコンフォント「Octicons」が一般公開を開始


世界中のソフトウェア開発者のための共有ウェブサービスであるGitHubは、同サイトで使用されているアイコンフォント「Octicons」を一般向けに公開を開始しました。

Octicons
http://octicons.github.com/


公開されたアイコンフォントの一覧がこちら。GitHubが使っているアイコンだけあって、開発系のWebサイトやソフトに特化したアイコンが揃っているといえます。


サイトで各アイコンをクリックすると、各アイコンの文字コード(Unicode)やサイト埋め込み用のタグが表示されます。


フォントをPCにインストールするには「Download Octicons」をクリックし、圧縮ファイル(zipファイル)をダウンロード。


ファイルを解凍し、「octicons-local.ttf」をインストールすると、ローカルでもフォントを使用することができるようになります。


各アイコンのページで文字コードの横に表示されているボタンをクリックすると、クリップボード上にコピーすることができるので……


Wordなどにペーストして表示させることも可能。


このフォントをWebサイトに埋め込んで使用するためのCSS(カスケードスタイルシート)も圧縮ファイルに同梱されており、<span>属性で指定してプロジェクト内に埋め込むことも考慮されています。


なお、フォントのライセンスに関しては同梱の「LICENSE.txt」に記載されているとおり、SIL Open Font Licenseに沿っているとのこと。また、GitHubのロゴの使用については以下のガイドラインが定められています。

GitHub Logos and Usage · GitHub
https://github.com/logos

・関連記事
無料で商用利用可能なベクターアイコン264種類セット「IKONS」 - GIGAZINE

無料で1000個以上のアイコンフォントがダウンロードできる「WebHostingHub Glyphs」 - GIGAZINE

GitHubを退社した女性エンジニアが社内でのハラスメントを明らかにして改善を訴える - GIGAZINE

62

in デザイン, Posted by logx_tm