日本発の3Dプリンター銃「Defender Mk.II」など所持容疑で逮捕、一体どのようにして銃を作ってしまったのか?


「インターネットの動画投稿サイトに、樹脂などから立体的に物を作り出す3Dプリンターを使って製造したとみられる拳銃を撮影した動画を投稿していた」ということで銃刀法違反の疑いで警察に逮捕された27歳の男性は一体どのような銃をプリントアウトしてしまったのでしょうか?

まず、実際にどのような銃が押収されたのかが下記NHKニュースのサイト内にあるムービーで確認できます。

3Dプリンターで拳銃製造か 所持容疑で逮捕 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140508/k10014286831000.html

これがその押収された銃


既にネット上では「インターネットの動画投稿サイト」ということで、「ニコニコ動画」であることが判明しています。

yoshitomoさんのユーザーページ - niconico
http://www.nicovideo.jp/user/10689753


警察が押収するために家宅捜索を行った際に削除するように指示したためなのか、ピンポイントで銃関連のムービーが試聴不可能となっていますが、残されたコメントなどからその片鱗を知ることが可能であり、家宅捜索では「実弾」は押収できなかったとのことなのですが、実際には銃の弾丸まで自作していたようです。

日本国内で3Dプリンター銃の弾丸を一般市民が作る方法 - ニコニコ動画:GINZA


ほかにも以下のような感じで3Dプリンターを使って銃を製造する様子を公開し、「モデルガンとして合法的にプリント成功」、さらに「ついに日本国内で発砲!!」というようにして映像を次々とアップロード、かなり熱中してはまっていた形跡がうかがえます。

3Dプリンター銃「リベレーター」モデルガンとして合法的にプリント成功 - ニコニコ動画:GINZA


3Dプリンター銃「リベレーター」ついに日本国内で発砲!! - ニコニコ動画:GINZA


日本で開発された3Dプリンター銃「Defender Mk.II」のベースになった「リベレーター」というのは以下のYouTubeムービーで確認できます。

Liberator - Free 3D Printed Gun [Should it be illegal?] - YouTube


また、逮捕されたユーザーは以下のムービーを参考にしていたようで、後ほど出てくる逮捕されたユーザーの公式サイトからリンクされています。

Defense Distributed's 3D Printed Liberator Pistol Assembly - YouTube


そしてこのユーザーが作成したのが日本発の3Dプリンター銃「Defender Mk.Ⅱ」というわけです。以下のようにしてニコニコ動画上で2013年10月10日15時36分にお披露目しています。

3Dプリンター銃 38口径単発 日本が独自開発!! - ニコニコ動画:GINZA


そして「本日深夜に下記サイトにSTLデータを公開します」ということで、2013年10月20日20時53分に組み立て動画、そして2013年10月22日00時20分にも連続で動画を公開しています。

3Dプリンター銃 ついにSTLデータ公開!! Defender Mk.Ⅱ の組み立て方 - ニコニコ動画:GINZA


3Dプリンター銃 38口径単発 組み立て動画 - ニコニコ動画:GINZA


ただし、この際にデータを投稿した「3Dプリンタ向けSTLファイルを無料提供:3D CAD DATA.com」からは速攻で削除されてしまっています。

しかし、さらにその他の動画の情報などの説明文によると、以下のように書かれている箇所が発見でき、削除にめげず、なんと自サイトでデータを提供し、ダウンロードできるようにしていたようです。

日本で開発された3Dプリンター銃、Defender Mk.Ⅱのモデルガンの組み立て方です。http://3dprintedguns.kemuridama.com/にて3Dプリンターで印刷可能なこの銃のデータを公開中です。日本国内の3Dプリンターのデータ共有サイトにアップロードしたら削除され締め出しを食らったので銃のデータ規制に対抗するために自らサイトを立ち上げてデータを公開しました。


サイト自体は既に閉鎖されて削除済みなのですが、以下からアクセス可能となっており、「当サイトでは実銃として設計した3Dプリンター銃を銃刀法に適合するようにモデルガンとして製作しています。それら銃刀法に適合した3Dプリンター銃の紹介とCADデータの公開を行なっています。合法的に3Dプリンターで印刷可能な銃のデータを公開している日本でも貴重なサイトです。公開しているCADデータはモデルガンの製作以外には使用しないで下さい。」とトップページに注意書きが表示されていたことがわかります。また、このサイトからは該当するニコニコ動画のユーザーのアップロードしたムービーにもリンクされています。

3D Printed Weapons Data Base Japan
http://3dprintedguns.kemuridama.com/


上記トップページに掲載されている銃と、NHKが撮影した銃はほぼ同じものであることが見比べるとわかります。


NHKなどの報道では3Dプリンターのみを使ったかのように報道されていますが、上記サイトからは金属のフライス加工に使う「プロクソン フライスマシンNo.16000【10点セット】」「Mr.Meister(ミスターマイスター)小型金工木工旋盤KS-200」「超小型卓上フライス盤「X-1」」「プロクソンミニバンドソー No.28170」などがあげられており、NHKの映像でも3Dプリンター以外のものがチラリと映されているため、日本で普通に入手可能なさまざまな工作機械を駆使し、かなり本気でいろいろと製造していたことがわかります。逆に言えば、資金と場所さえあれば、誰でも同じことができる可能性は非常に高いと言えます。

今回の逮捕されたケースの場合、銃の製造だけではなく、弾丸の製造、さらには製造した銃を発砲、しかもそれらを正々堂々とネット上でムービー公開、挙げ句の果てにデータをダウンロード可能という状態にしており、さすがに看過できないということで、通報を受けた警察が家宅捜索・逮捕する、という事態にまで至ってしまった、という感じであり、3Dプリンター全般が危険というわけではなく、あくまでもかなり超絶特殊なレアケースだと考えるべきです。

◆2014/05/09 2:19追記
どのような考えを持っていたのかというのはこのユーザーのTwitterアカウントで知ることが可能です。











銃作成に関するツイートもかなり多く、以前は町工場に7年半近く勤め、その際にさまざまな技術や知識を習得、しかも本人の発言によると「防衛関係の兵器の製造に関わってきた」とのことで、以下のような発言が見られます。












とにかく銃を持つべきだという考えがかなり強固であることは以下のツイートからも理解できます。







逮捕のきっかけとなった動画やデータなどの公開に関しても、以下のように触れられています。










銃だけでなくメイドにもかなりの思い入れがあり、やたらとメイドのことを熱く語っているツイートが大半で、すでに消滅した銃のサイトとは別に「クラシカルメイドの事なら幻想メイド館」という別サイトが存在しています。

自己紹介は以下のようになっており、今回の逮捕につながった機械工作以外に、かなりメイドに傾倒していたことがわかります。

管理人の自己紹介

HN 飛翔院 瑠璃 (ひしょういん るり)
性別 男性 年齢 27歳
趣味 
オンラインゲーム 美少女PCゲーム 秋葉原探索
ドール 裁縫 機械工作 ドイツ語 19世紀欧州のメイド文化研究
尊敬する国 ドイツ・アメリカ
好きな物 ヴィクトリア朝時代のメイド
好きな音楽 旧ソヴィエト連邦国歌「祖国の為に」
人生目標 静かな地域の洋館でメイドと共に暮らす事

私の「生き方」

私は人生の中で立ちはだかる運命に立ち向かい絶対に屈さず、自分の生き方を貫きます。
他人に何と言われても一歩も譲らない、決して一歩も譲らず我が道を進む。
そして、ハイエナの群れ(組織)の一匹となる事無く、賢く強い虎(独立者)となる。
そんな姿勢で自分の目標に向かい生涯を賭けて闘争する事が私の生きる誇りです。

私の人生目標「メイドをメイドとして愛し、メイドと共に生きる」ということ。


そのため、自宅の一室もこのような洋館風に改造しています。



YouTubeには洋館風に改造した自身の住居の一室を案内するムービーがアップロードされています。

洋館風の部屋を作ってみた - YouTube


これまでの人生のバックグラウンドがうかがいしれるようなツイートもあります。





・関連記事
3Dプリンターで部品を自作して実弾が発射可能なライフルを組み立てる方法 - GIGAZINE

3Dプリンターで銃を作るプロジェクトで借りていた3Dプリンターが没収される - GIGAZINE

3Dプリンタで作った銃が600発以上の連射に耐えることをムービーで証明 - GIGAZINE

パーツをすべて3Dプリンタで出力したライフルが実弾射撃に14発まで耐える - GIGAZINE

わずか20万円台で買える3Dプリンター「Replicator2」実機使用レビュー、実際に立体物を作るとこんな感じに - GIGAZINE

168

in ピックアップ,  ハードウェア,  動画,  メモ, Posted by darkhorse