デザイン

ハローキティが全身5箇所フル可動の「リボルテック」シリーズで新発売


全身がフル可動する仏像大気圏突入装備つきエヴァンゲリオン8号機を販売する海洋堂REVOLTECH(リボルテック)シリーズからハローキティの全身5箇所を可動させ、足を伸ばしての座りポーズなどざまざまなディスプレイを可能にしたアクションフィギュアが2013年12月15日(日)から発売されます。

リボルテック ハローキティ【2013年12月15日発売 予約商品】 KMS 海洋堂 ミュージアムストア(海洋堂公式オンラインショップ)
http://www.j-hobby.com/kms_jpn/shop/prd_detail.asp?sku=RVX10

ハローキティの全高は60mmで、原型製作は山口勝久氏の手によって行われました。


両手には磁石が内蔵してあり、付属のリンゴを持たせることが可能。


付属品はクレヨンの他にイーゼルやクレヨンがあり、ハローキティの世界観を再現。顔の前面部分を交換してウインク表情をさせることもできます。


座りポーズを正面から見るとこんな感じ。


立ちポーズ。


全身が可動するので、好きなポーズでディスプレイすることが可能です。


なお、価格は税込2100円。発売後にはバージョン違いやさまざまなアーティスト・ブランドとのコラボキティも予定されています。


・つづき
全身5箇所フル可動の「リボルテック ハローキティ」はどのくらい動くのか? - GIGAZINE


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
歩いたり踊ったり動きを自在に操れる「ロボダンボー」を組み立ててみました - GIGAZINE

「ロボダンボー」を調教していろいろな動きをさせてみました - GIGAZINE

無線コントローラーで操縦する「ロボダンボー」はかわいいにもほどがある - GIGAZINE

フル可動仏像新作は菩薩と明王、リボルテックタケヤ「軍荼利明王」「不動明王」「十一面観音」 - GIGAZINE

北斗の拳の「ひでぶ」フィギュアなどリボルテック新作あれこれ - GIGAZINE

どこを見てもハローキティだらけの家 - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.