×
ムービー

青年「ハンク」は中古のスクールバスを買って旅に出る


アメリカ映画や海外のテレビなどで目にする機会も多い、黄色のボディが特徴的なスクールバスに改造を施し、アメリカ西部8000キロの旅に出ている若者がいます。

Hank Bought A Bus | Sometimes the best plan is to not have one…
http://www.hankboughtabus.com/


YouTubeで、その青年が旅について語っているムービーがこちらです。

Hank Bought a Bus - YouTube


アメリカ人青年、Hank Butitta(ハンク・ブティッタ)さんはミネソタ大学ツインシティー校で建築学を専攻しています。


大学の講義やゼミでは紙の上でのデザインばかりで、何も形に残らないことに嫌気がさしていたそうです。


祖父が80エーカー(約9万8000坪)の土地を持っていたため、そこに実技の代わりとして小屋を建てようとしましたが、法律の関係で願いは叶いませんでした。


卒業がせまり、最終課題を考えていたハンクさんは、中古のスクールバスを買って、その中に家を作ることを決心しました。


3000ドル(約29万円)で手に入れたのが、このスクールバス。


元の内装をすべて剥がす作業から始めました。


鉄板むき出しの状態になったバス。


すべて手作業で進めました。


そして、新しく貼られたフローリングの床。黒いラインは、バスケットコートのスリーポイントラインの跡です。体育館の床をもらい受けて貼り直したそうです。


かなり形になってきました。


完成したのがこちら。元がバスだったとは信じられない仕上がりです。


左右のカーテンを下ろして、外光を取り入れることもできます。


車体後部に装備されたトイレ。


キッチンスペースと、その天井に設けられた採光用のルーフウィンドウ。ここから屋根に上ることもできるそうです。


左右に作り付けのソファーがありますが……


間に取り外し式の床を入れることで……


ベッドスペースになりました。


また、一部分をテーブルに変えることもできます。


こちらのベッドには……


たくさんの収納スペースが完備されています。


向かって左側は可動式なので、このようなアレンジも可能。


ハンクさんは、約5000マイル(約8000キロ)の旅の中で、このバスの実用性を確かめることにしています。


ハンクさんの旅は現在進行中で、定期的に旅のブログが更新されています。旅のパートナーには、彼の弟と友人が加わっています。

ハンクさんの兄弟「Vince」さん。


同行するカメラマンは、友人のJustin Evidonさん。フリーランスのカメラマンだそうです。


ハンクさんのブログでは写真が多くアップされており、見ているだけでもその様子をうかがうことができます。以下はその抜粋。

◆イエローストーン国立公園
バスを転がすハンクさん。



◆モンタナ州


◆シアトル


◆ポートランド


◆サンフランシスコ・ゴールデンゲートブリッジ


◆サンフランシスコ・バークレー


うどんを食べてみたり。


パーティー・オン・ザ・ルーフ。


また、サイトからはハンクさんをサポートするための寄付を送ることもできるようになっています。

Contribute | Hank Bought A Bus
http://www.hankboughtabus.com/contribute/

・関連記事
砂漠のド真ん中に直径2.4kmの架空都市を造りだす「バーニングマン」への道はこんな感じ - GIGAZINE

手作りした巨大ループ付きジャンボ滑り台をクリアしようと試行錯誤 - GIGAZINE

疲れた心を癒やすために自分だけの心の聖地を作成できるアプリ「My Holy Place - こころの聖地」 - GIGAZINE

アルパカの群れと出会ったペルー山岳地帯は標高4000m超で寒さが身に染みた - GIGAZINE

盗まれたiPhoneを探してエクアドルの「泥棒市」に行ってきた - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logx_tm