ハードウェア

マッチ箱サイズのInstagram用ミニプロジェクタ「Projecteo」


Instagramで撮った写真を35mmのロールフィルムにいれて、マッチ箱サイズのプロジェクターで映せるのが「Projecteo」です。Projecteoのサイトで、自分のInstagramのアカウントから好きな画像を選んでロールフィルムを注文すると、Projecteoと一緒に届けてくれます。

Projecteo
http://www.getprojecteo.com/


Projecteoは、一般的なプロジェクタと比べると、かなり小さめ。見た目はちいさなおもちゃのよう。


ロールフィルムもめちゃくちゃ小さいコインサイズで、Projecteoに取り付けると、画像をスライドショーで映し出してくれます。


壁にロールフィルムの画像を映し出すと、こんな感じ。


早速ロールフィルムとProjecteoを注文してみます。まずは下記のサイトにアクセスします。

Projecteo
http://www.getprojecteo.com/

サイトにアクセスしたら画面右下に表示されている、「GET STARTED」をクリック。


「CONNECT WITH INSTAGRAM」をクリックしてInstagramアカウントをProjecteoに同期します。


Instagramの「ユーザーネーム」と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリック


ログインすると下記のようにロールフィルムが左側、Instagramのアカウントに保存されている写真が右側に表示されます。この画面で写真を選んで、ロールフィルムを作成します。


ロールフィルムに追加したい写真をクリックすると……


ロールフィルムに写真が追加されました。反対に、ロールフィルムから写真を消したい場合は、ロールフィルム側にある写真をクリックするだけです。


同様の手順でロールフィルムに写真を追加していき、終了したら「ADD TO BASKET」をクリック。


買い物かごには、Projecteoが1台自動的に追加されていました。先に作成したロールフィルムも買い物かごに入っていることを確認したら、「CHECKOUT」をクリックして支払いに進みます。なお、Projecteoは1台25.99ドル(約2600円)で、ロールフィルムは1つ8.99ドル(910円)です。


日本からの注文はPayPalを通した支払いしかできない仕様になっていました。「Pay with PayPal account」をクリック。


「Eメールアドレス」と「PayPalのパスワード」を入力したら「Log in」をクリックします。


「配送先住所」「支払い方法」が間違っていないことを確かめて「同意して続行」をクリックします。


「Eメールアドレス」と「配送先住所」をもう一度確認して、画面右側の注文した商品が間違っていないか確かめたら「CONFIRM ORDER」をクリックして注文を確定させます。


下記の画面が表示されたら、無事に注文完了。


なお、日本への発送についてProjecteoに問い合わせたところ、「無料で世界中への発送に対応しています」とのことなので、日本からの注文でも大丈夫です。

・関連記事
Instagramに投稿された猫の写真を猫の種類別にひたすら見れるアプリ「Nyanstagram」 - GIGAZINE

Instagramの写真を50mm四方のカードっぽいマグネットにしてくれるサービス「StickyGram」 - GIGAZINE

Instagramに投稿された写真の中からセクシーなものだけをまとめて見られる「erostagram」 - GIGAZINE

Instagramで撮った写真をリアルタイムで表示できるフォトフレーム「Instacube」 - GIGAZINE

北朝鮮の写真がモバイル端末から初めてInstagram上にアップされる - GIGAZINE

in ハードウェア,   デザイン, Posted by darkhorse_log