×
モバイル

モバイル決済「Square」日本語版開始、無料でスマホやタブレットでカード決済可能にするリーダーをゲット可能


Twitterの創業者であるジャック・ドーシーが抱えるもう一つの海外で超有名なプロダクト「Square」が本日から日本でも開始されました。スマートフォンに取り付けた小さな正方形(Square)のクレジットカードリーダーによっていつでもどこもすぐ簡単にカード決済を可能にするというアイディアから始まっており、1回あたりの手数料3.25%(VisaまたはMasterCard)以外はすべて無料です。

Square − あなたのビジネスがうまくいく、いちばんスマートな方法です
https://squareup.com/jp


無料で提供されるのは主に以下の4つ。

Squareリーダー
Squareレジアプリ(POSツール)
Squareデータの分析ツール
Squareガイドへの登録


これがSquareリーダー


こんな感じでスワイプして使います


iPhoneの場合はこうなります


サインしてもらうのも簡単


iPadと組み合わせるとこうなります


社名はこの小さな正方形が由来。PCI-DSSのレベル1に準拠しており、かなりセキュリティや不正使用に対しては考えられている感じ。


イヤフォンジャックに差し込む感じで、iPhone・iPad・Android端末と互換性がある3.5mmジャックを採用


ポイントはカード決済だけでなく、現金決済や現金収入の記録が追加費用なしで行える点。現金決済時のレシートをテキストメッセージやメールで客に送信できるようになっています。

すでにSquareの年間取扱額は110億ドルを超え、Squareリーダーの取り扱い店舗数は全世界で4万店舗近く、アメリカではスターバックス全店7000店舗でSquareでの支払いが可能となっており、日本でも三井住友カードと提携することで開始にこぎ着けたという次第。個人店舗・事業主からスタバのような大型店舗まで幅広く対応できるのがウリです。

また、海外の本家Squareではほかにも、メールだけで相手のデビットカードに送金する「Square cash」というものもテストしており、さらにiPadをレジスターに完全に変えてしまう「Square Stand」というものも299ドル(約3万円)で展開しています。

Introducing the Square Stand
https://squareup.com/stand


カードは下部を通すことになります


こんな感じ


POSとしてはかなり画期的な部類


ほかにも日本国内でも提供するため準備中ということで、「Squareウォレット」というのもあります。この専用アプリ(iOS/Android用)をダウンロードして自分のクレジットカードやデビットカードを登録しておけば、先方に名前を伝えるだけで料金を支払うことができ、なおかつスマートフォンを財布代わりに使え、さらにポイントカード代わりになってポイント自動付与、加えて、店舗を探したりギフトカードの送受信も可能になるというスグレモノです。


Square自体と似たような決済の仕組みとしてはPayPalが「PayPal Here」というのを日本でも展開しており、果たしてどちらが根付くのか、それともそれ以外のものになるのか、今後の展開に要注目です。

・つづき
iPhoneやiPadなどをクレジット決済のレジ代わりにできる「Squareリーダー」を実際に使ってみました - GIGAZINE

・関連記事
どこでもカード決済を可能にする「Square」がBitocin決済を導入 - GIGAZINE

「繰り上げ返済」でクレジットカードの限度額を簡単リフレッシュ - GIGAZINE

なぜネット決済の支払フォームはあんなに入力項目が多いのか? - GIGAZINE

ソフトバンクがPayPalと戦略的提携、「日本の決済を変える」新会社を設立へ - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ネットサービス,   ハードウェア, Posted by darkhorse