身も心も燃え尽きないようにするための9つの方法

By netdance

心因性鬱病の一種で仕事などに没頭してきた人が意欲を失う現象「バーンアウト(燃え尽き症候群)」について、実際に燃え尽き症候群に苦しんだAndrew Dumontさんが自身のブログで対処法をまとめています。世間には燃え尽き症候群の人にむけたライフハックなどがたくさん存在しますが、実際に燃え尽き症候群に苦しんだ1人として、Andrew Dumontさんが自身のブログにまとめた対処法がこちらです。

Avoiding Burnout | Always On by Andrew Dumont
http://andrewdumont.me/avoiding-burnout


◆1:朝の運動

運動はどんな種類でもよく、運動を行う時間も重要ではありません。毎朝運動することで心がクリアになり、脳内にエンドルフィンが出て正常な肉体状態を保ってくれます。

By mikebaird

◆2:夕方の散歩

仕事に没頭している人たちは、職場や自宅で作業している際に仕事をいつ切り上げたら良いか分からないことも多いかもしれません。そのような人たちは夕方になって家へ帰る際に散歩をするとよいです。この散歩のタイミングで仕事を切り上げ、その日の出来事を振り返ることで、頭の中が整理されてリラックスすることが可能。

By Sri Lankan Photos

◆3:小説を読む

小説を読むことは、それまでの自分に無い創造的な考え方を生み出し、固定概念を取り除く手助けになります。

By horrigans

◆4:週に1日仕事から離れる

仕事から離れる日には私的な用事など、仕事以外のスケジュールを入れることで仕事から完全に離れるようにしましょう。

By pouwerkerk

◆5:知的な趣味を身につける

知的な趣味というのは、カメラでもゴルフのスイングをマスターすることでも何でもよいです。これらの知的な趣味は自分をリラックスさせるために必要なものです。

By Davide Ciriello

◆6:小さな成功

燃え尽き症候群の多くは精神的なものです。精神的な消耗を避けるためにも、努力の成果を自分自身に見せてあげる必要があります。このために必要なことは、毎日達成可能なくらいに小さな目標をセットすることです。大きな目標をより小さな目標に分解し、タスクを既に達成したものとそうで無いものとに分けることで、タスク管理をしながら精神的な消耗を防ぐことができます。

By andresfranco.net

◆7:健康的な食事

健康的な食事をとるべきであるということは誰しも分かっていることですが、熱心に努力している際は、さらにしっかりと食事を取るべきです。正しい食品を食べることが必要な栄養エネルギーを補給し、あなたに活力を与えます。

By morgantj

◆8:無駄な決断を避ける

どの洋服を着るか、朝に食べるフルーツはどれにするか、などのような生活においてあまり意味の無い決断を避けることで、そのエネルギーを他のところに回すことができます。これはVANITY FAIR内に掲載された、アメリカ第44代大統領バラク・オバマの「あなたは、私が灰色のスーツあるいは青いスーツだけを着用していると分かるでしょう。私は、他にあまりにも多くの決断を下しているので、何を食べるか、何を着用するかなどに関して決断したくないのです」という言葉から思いついた考えのようです。

By audiovisualjunkie

◆9:年に1度プラグを抜く

9つめの方法は1年に1度プラグを抜くこと。携帯電話を切り仕事から完全に離れることができるような、まとまった時間を1年に1度取ることが、あなたの体のリセットボタンを押す方法のようです。まとまった時間が4日間しかとれなかったとしても、仕事に戻る際にリフレッシュしたと感じることができるはず。特に技術工学などの分野で働いている人にはとても重要な方法です。

By nyoin

あたりまえのように感じる方法もありますが、忙しい人程それらがおろそかになり、最終的に燃え尽き症候群にかかってしまうのかもしれません。

・関連記事
インターネットの使い方でうつ病かどうかがわかるという研究結果が明らかに - GIGAZINE

油っぽい食べ物は悲しみを和らげる作用があることが明らかに - GIGAZINE

不安や心配は高いIQとリンクしているという調査結果が明らかに - GIGAZINE

本をむちゃ読みする若者より音楽を聴きまくる若者の方が病んでいる可能性大 - GIGAZINE

ブルーな気分だと世界が灰色に見える、人類共通の現象を科学的に実証 - GIGAZINE

音楽や映像で気分を上げることはクリエイティブな思考を助ける - GIGAZINE

142

in メモ, Posted by logu_ii