「十二国記」12年ぶりのオリジナル短編集が2013年7月1日発売決定


小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト「十二国記通信―麒麟便り―」にて、12年ぶりのオリジナル短編集が発売される旨が告知されました。

十二国記通信―麒麟便り―|小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト|新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/log/34.html


内容は「丕緒の鳥」(「yom yom」6号掲載 2008年3月)、「落照の獄」(「yom yom」12号掲載 2009年10月)に加えて、書き下ろし新作2編を含む全4編となっており、発売予定日は2013年7月1日となっています。

また、2013年4月1日には完全版の新作として「風の万里 黎明の空」(上・下)も発売される、とのことです。

・関連記事
小野不由美のファンタジー小説「十二国記」、6年ぶりに新作短編発表 - GIGAZINE

ビジネス構造が変容を迎えつつある「日本のアニメーション産業の現状と未来」を動画協会理事長が語る - GIGAZINE(NHKで「十二国記」をしたときのことが触れられています)

NHKがYouTubeに専門チャンネル「NHK番組コレクション」を開設、アニメ番組はフルサイズ配信へ - GIGAZINE

454

in メモ, Posted by darkhorse