試食

無料で配布されるバーガーキングの「塩バーガー」を食べにいってみました


ネギ塩カルビや塩キャラメルに塩アイスなど、塩を使ったメニューはいろいろありますが、バーガーキングが関西上陸1周年を記念して関西エリアにある6店舗限定で「塩バーガー」を無料で配布しているとのことだったので、塩バーガーとはどんなものなのか?と実際に行って確かめてきました。

キャンペーン|BURGER KING:バーガーキング
http://www.burgerkingjapan.co.jp/campaign/cp59_2.html

お店に到着しました。


お店の前には無料である塩バーガーの看板が。


商品を購入した人限定で、塩バーガーをプレゼント、とのこと。


看板の前でお店に入ろうか考えている人も。


早速お店に入って注文します。


他の商品も注文しなければならないということで、一緒にワッパーも購入しました。


パッケージに「S」と大きく書いてあるのが塩バーガー。通常のハンバーガーと同じジュニアサイズで、直径は約9cm。そして一緒に付いてきたのが……


アルペンザルツ岩塩。


……ということで、塩バーガーの正体とは、塩ダレを使ったバーガーではなく、塩を自分で振りかけて食べるバーガーなのでした。


ワッパーと並べてみると、分厚さにかなり差があることが分かります。


取りあえず、開封してみると……


???お肉が不在です……?


ちょっと不安になったものの、くるっと回してみると、バンズの間にそっとたたずむパティの姿が。


ちゃんと入っていました。


ワッパーと比較すると、ボリュームの違いがよく分かります。


バンズを外してみるとこんな感じ。


中の具は本当にお肉のみと、究極のシンプルです。


ということで、まずは塩をかけずに一口。マヨネーズもソースも野菜も塩も何もないということで、味がしないのではないか?と思たのですが、パティ自体の味付けを感じることができました。肉本来の旨みやしっかりした食感もあり、バンズの甘みもプラスされて、「これはこれでなかなかおいしいのでは?」という感じ。何者にも邪魔されないシンプルな素材のおいしさで、全てはここから始まるのだな……とちょっと感慨深いです。


次は塩をかけて頂きます。もらった袋には十分塩が入っているので、足りなくなることはありません。


これをパティの上にパラパラとかけます。


塩の味がプラスされると味がハッキリするのでパクパク食べ進められます。しかし、バンズ・パティ・バンズ・パティ・水分の少ない具材がエンドレスで続き、かなり喉が渇いてくるため水分が欲しくなります。なので、お水を飲みつつモグモグ。


塩バーガーはボリュームが少なくペロリと食べ終えてしまったので、続いて一緒に頼んでいたワッパーを食べ始めると……


マヨネーズ、ソース、レタス、トマト、ピクルス……と次々と味が口の中で変わり、「複雑な味がする!」と小さな感動が。またマヨネーズやトマトなどの油分・水分で口が渇くこともなく、水を飲まなくてもどんどん食べ進められます。シンプル極まった塩バーガーを食べたことで、ワッパーのおいしさをハッキリと感じることできました。


ということで、塩バーガーは素材本来のおいしさを感じられるのみならず、一緒にワッパーを食べることによって看板メニューであるワッパーの魅力に気づかせられるという、2つの小さな感動が得られる仕上がりとなっているのでした。


なお、無料配布期間は8月24日(金)・8月31日(金)・9月7日(金)・9月14日(金)・9月21日(金)、9月15・16・17日、それぞれ10時30分~24時までとなっており、関西の6店舗限定、数に限りがあるので遅い時間に行く場合は事前に電話確認すればより確実です。

・関連記事
ドーナツバーガーや揚げバーガーなど、世界の変わり種ハンバーガーあれこれ - GIGAZINE

クォーターパウンダー26個分に相当するモンスターサイズのハンバーガー - GIGAZINE

総重量90kgの巨大ハンバーガー - GIGAZINE

価格が1万円以上の超高級ハンバーガー - GIGAZINE

おうちでミニサイズのハンバーガーが作れるキット「Charcoal Companion Deluxe Mini Burger Slider Basket & Press Set」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa