×
レビュー

ファミコンっぽい効果音をクリック一発で作成できるフリーソフト「LabChirp」


WAV形式で保存して、複数の音を1つに合成でき、細かい設定も可能で、あらかじめ用意された効果音のカテゴリーを選べば、簡単にいろいろな効果音を作成できるフリーソフトが「LabChirp」です。ダウンロードと効果音作成方法は以下から。

以下のムービーから効果音のサンプルが確認できます。

LabChirpのサンプル効果音 - YouTube


LabChirp - Labbed.net
http://labbed.net/software.php?id=labchirp

◆ダウンロード

上記サイトの「Download LabChirp v1.00 (78 kB)」をクリック。


ダウンロードしたZIPファイルをExplzhなどで解凍して、「LabChirp」をクリック。


「LabChirp.exe」を起動。


LabChirpの操作画面が表示されます。


◆効果音の作成

オリジナルの効果音をサクッと作成してみます。「Randomizer」をクリック。


Randomizerの設定画面が表示されますが、下のボタンが切れた表示の場合は「設定画面の上部」をダブルクリックすると、ボタンを全て表示させることができます。


Presetの「三角ボタン」をクリックし、プルダウンメニューから作成したい音に近いカテゴリーを選択。


「Randomize!」をクリックすると、オリジナルの効果音が作成され、実際に効果音が鳴ります。これだと思う効果音が作成されるまで続けてクリック。


作成した効果音を加工したい場合は、LabChirp操作画面の「Length(効果音の時間)」・「Delay(効果音が実行されるまでの時間)」の数値変更・「つまみ部分」の移動などが必要です。加工した効果音を鳴らして確認するには「Play」をクリックします。


保存をする場合は、「File」をクリックして、「Save as...」をクリック。


WAV形式で保存されます。

・関連記事
サウンドエフェクトを自分で細かく設定して作り出すことができる「Bfxr」 - GIGAZINE

音を生み出すプロが語る「アニメ効果音の現場とこれからの音響効果」 - GIGAZINE

ゲームの「音屋さん」になるための心得、タイトー「ZUNTATA」インタビュー - GIGAZINE

BGMが非常に印象的でよくできている映画の予告編ムービーを集めてみた - GIGAZINE

Windowsの中にある謎の音楽ファイル「onestop.mid」の作曲者は一体誰? - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   動画, Posted by darkhorse_log