レビュー

無料でDropbox・SkyDriveなどを国家レベルの暗号化で自動的に保護する「Cloudfogger」


アメリカ国防総省の諜報機関であるNSA(アメリカ国家安全保障局)も使っている「AES」方式によっていちいちパスワードを入力する必要の無いシンプルな透過型の暗号を自動的に施してくれるソフトが「Cloudfogger」です。DropboxBox.netSkyDriveなどと組み合わせて利用でき、暗号化したファイルを特定の相手だけに閲覧させることもできます。インストール・操作方法は以下から。

Cloudfogger - Free File Encryption for Dropbox and the Cloud
http://www.cloudfogger.com/en/home/index.aspx

◆インストール
上記サイトの「Cloudfogger Download」をクリック。


「Cloudfogger_Setup.exe」をクリック。


「Next」をクリック。


「I accept the agreement」にチェックを入れ「Next」をクリック。


「Install」をクリック。


「Finish」をクリック。


「Next」をクリック。


「メールアドレス」「名前」「名字」「メールアドレスとひも付けるパスワード」「確認用のパスワード」を入力して「Next」をクリック。


登録したメールアドレスにパスワードが送られるので、「送られたパスワード」を入力して「Next」をクリック。これで準備が整いました。


◆操作方法

まず、ファイルの暗号化を行います。「暗号化したいファイル」を右クリックして、「Cloudfogger」から「Fogg(Encrypt)」をクリック。


拡張子の「.cfog」が追加されアイコンが変わりました。


閲覧する場合は「メールアドレス」と「Password」を入力し「OK」をクリック。これで暗号化したファイルを閲覧することができます。もちろん「メールアドレス」と「Password」を知らない場合は閲覧できません。


暗号化を解除する場合は、「解除したいファイル」を右クリックして、「Cloudfogger」から「Defogg(Decrypt)」をクリック。透過型なので「Cloudfogger」の停止・アカウントの変更・ログアウトをしない限り、ローカルのマシンでは解除する際にパスワードは要求されません。


拡張子の「.cfog」が消え、アイコンの表示も通常のものに変わります。


◆Dropboxのフォルダーに入れるだけで自動暗号化させる方法

タスクバーに雲の形をした「Cloudfogger」があります。


「Cloudfogger」をクリックして、「Preferences」をクリック。


「Dynamic Encryption」タブをクリックし、「Select...」からDropboxのフォルダーを選び「Drive Letter」を選択して「OK」をクリック。ここでは「Drive Letter」をXにしました。これで設定は完了です。


「Cloudfogger(X:)」というドライブが作成されているので開きます。


「Double-Click to Unlock Cloudfogge...」をクリック。


「メールアドレス」と「Password」を入力し「OK」をクリック。


Dropboxの中身を確認できました。このフォルダーにどんどんファイルを突っ込めば自動で暗号化されます。


◆閲覧権限の追加方法

暗号化したファイルを特定の人と共有して閲覧権限を与える場合は、まず相手に「Cloudfogger」をインストールしてもらいます。次に相手と共有したい「暗号化したファイル」を右クリックして、「Cloudfogger」から「Fogg and Share」をクリック。


暗号化したファイルに共有したい相手のメールアドレスを入力して「Add」をクリック。相手のメールアドレスが下に表示されたら「OK」をクリック。これで閲覧権限が追加されました。


DropBoxなどを利用して別の人が暗号化されたファイルを開こうとすると「メールアドレス」と「Password」が要求されるので、閲覧の許可された「メールアドレス」と「Password」を入力して「OK」をクリックすれば、閲覧可能になります。


なお、ベータ版だがAndroid用アプリもあり、iPhone/iPadで動作するiOS版もリリース予定、さらに今後は有料版の展開を考えているものの、現在のフリー版を利用しているユーザーは有料版が出たあとでも無料で利用できる、とのことなので、とりあえず今の間にユーザー登録だけでもしておけばあとで有利になりそうです。

・関連記事
文字列ではなく、画像を暗号化キーとして使えるフリーソフト「PixelCryptor」 - GIGAZINE

いまだ解読されていない歴史的な10種の暗号 - GIGAZINE

ドイツ軍が第二次世界大戦で使った暗号「エニグマ」シミュレーター - GIGAZINE

FBIが殺人事件の被害者が残した暗号ノートの解読で一般からアイデアを募集中 - GIGAZINE

メアドをスパムに利用されないように暗号化する「emailProtector.js」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log